【2023年版】ロジクールの人気アイテムをピックアップ/コスパと品質の完全ガイド

パソコン周辺機器

「ロジクールで人気の製品を知りたい!」
「Logicoolのガジェットを詳しく知りたい!」
「ロジクールでどんなアイテムがあるか教えて!」

マウスやキーボード、WEBカメラやヘッドセット、そしてスピーカーなど本当に様々な製品を世に送り出してくれているロジクール!

ガジェット好きからも高い評価を獲得しているメーカーであり、コスパの良さを求める人からもかなり人気のメーカーでもあります。

その各種アイテムはビジネス用途からゲーミング用途、そしてプライベートを充実させるためにも役立ち、非常に幅広い層から高い支持を集めるメーカー、それがロジクールなのです。

今回はそんな人気メーカーであるロジクール製の人気アイテムを、各ジャンルに分けてピックアップしてみました!

製品選びに迷っている人、目新しい製品を求めている人などは、ぜひ当ページを参考にしてみてください。

  1. ロジクールの使いやすいオススメマウスを厳選
    1. 有線マウス M500S
    2. 有線マウス M100n
    3. PEBBLE M350
    4. MARATHON MOUSE M705m
    5. LIFT M800
    6. MX ERGO MXTB1s
    7. ERGO M575S
    8. G Pro X Superlight G-PPD-003WL
    9. G703h G703-Hero
    10. ワイヤレスゲーミングマウス G304
  2. ロジクールの使い勝手が抜群のキーボード
    1. 有線キーボード K120
    2. メカニカルキーボード K835
    3. MX KEYS mini KX700
    4. ワイヤレスキーボード K380
    5. メカニカルキーボード SIGNATURE K855
    6. ワイヤレスキーボード K780
    7. ERGO K860
    8. サイレントワイヤレスキーボード K295
    9. RGBゲーミング キーボード G213r
    10. ワイヤレスゲーミングキーボード G715
  3. 様々な用途で活躍するWEBカメラをピックアップ
    1. HDウェブカメラ C270n
    2. HD PROウェブカメラ C920n
    3. PRO HDストリーム ウェブカメラ C922n
    4. HDウェブカメラ C505
    5. StreamCam C980
    6. BRIO ULTRA HD PROビジネスウェブカメラ C1000eR
    7. PRO HDウェブカメラ C930s
    8. MeetUp
    9. BCC950 BCC950R
    10. GROUP CC3500eR
  4. ビジネスからゲームまで幅広く活躍するヘッドセット
    1. ステレオヘッドセット H111R
    2. USB COMPUTER HEADSET H340R
    3. USBパソコンヘッドセット H390R
    4. ZONE VIBE 100
    5. ゲーミング ヘッドセット G331
    6. LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミング ヘッドセット G535
    7. 7.1 サラウンドサウンド LIGHTSYNC ゲーミング ヘッドセット G633S
    8. LIGHTSPEEDワイヤレスRGBゲーミング ヘッドセット G733
    9. ワイヤレス ゲーミングイヤホン G FITS
    10. ワイヤレスBluetoothイヤホン ZONE TRUE WIRELESS
  5. 音質とコスパに優れたロジクールのスピーカー
    1. コンパクトステレオスピーカー Z120
    2. ステレオススピーカー Z150
    3. ステレオスピーカー Z200N
    4. コンパクト2.1スピーカーシステム Z213
    5. スピーカーシステム Z313
    6. Bluetooth スピーカー Z407
    7. スピーカーシステム Z533
    8. スピーカーシステム Z625
    9. ゲーミングスピーカー G560
    10. LOGI DOCK
  6. ロジクールの保証について(2023年)
    1. ロジクールの保証
  7. ロジクール 保障のよくある質問
    1. 株式会社ロジクールの会社概要
  8. ロジクールの各種アイテムはコスパと品質に優れ好評

ロジクールの使いやすいオススメマウスを厳選

ここからはロジクールで人気のおすすめマウスをピックアップしていきましょう。

ビジネス用途からプライベートの使いやすさを重視する人、そしてゲーミング用途など人によって目的は様々ですが、ロジクール製のマウスは種類が豊富であらゆる用途に対応できます。

そんなロジクールで人気のマウスをピックアップしていきますので、各製品をチェックしてみてください。

また、ロジクールのマウスについては以下の記事で詳しく説明されています。

有線マウス M500S

まずはロジクールの有線マウスであるM500Sについて!

このM500Sは7個のボタンが搭載されているので、コピーやペーストをはじめ利用頻度の高い機能を割り当てることができます。

スクロールホイールも1行ずつ移動するモード、高速スクロールモードの2つに対応しているので、プライベートでもビジネスでも活躍してくれる優れものです。

エクセルの横スクロールに便利なチルト操作にも対応しているので、ビジネス用途で使いやすい有線マウスを探している人にピッタリなモデルですね。

有線マウス M100n

次に有線マウスのM100nについても触れていきましょう。

M100nは非常にシンプルな有線マウスで、ドライバインストールなども不要ですぐ使うことが可能です。

また左右対称のデザインのため、右利きでも左利きでも使いやすく、持ちやすい適度なサイズ感も魅力的。

ウインドウズやマックはもちろんLinuxでも利用可能なので、あらゆる環境でシンプルに活躍してくれる有線マウス!

ロジクールでシンプルな有線マウスを探している人にとって、M100nはこれ以上ない最適なモデルと言えるでしょう。

PEBBLE M350

ロジクールのPEBBLE M350は非常にスリムなデザインのワイヤレスマウスとして高い評価を得ています。

独特な平らなデザインであるPEBBLE M350は、見た目以上に手にフィットしやすいように作られており、長時間使用した場合も負担を軽減できるように設計されているのです。

また静音性にも優れていて、スクロールホイールにラバー素材が使われていることもあり、クリック音だけではなくスクロール音も軽減されています。

レシーバーを利用した無線接続はもちろんBluetoothにも対応していて、オフィスやカフェ、図書館やコワーキングスペースなどあらゆる場面で活躍してくれる頼もしいマウスなのです。

MARATHON MOUSE M705m

使いやすさで非常に高い評価を得ているMARATHON MOUSE M705mについても触れていきましょう。

MARATHON MOUSE M705mは疲れにくい設計のワイヤレスマウスとして高い評価を獲得しています。

緩やかな曲線状の形状とサイドの滑り止めのラバーグリップ、そして持ちやすい適度なサイズ・デザインは長時間の利用でも負担が少ないと好評です。

また合計5つのボタンが搭載されていて、専用アプリのインストールで全てのボタンを自由にカスタマイズできる点も評価されている理由!

仕事やプライベート、ゲームなどあらゆるシーンで活躍してくれる使い勝手の良いマウスを探している人にピッタリなモデルと言えるでしょう。

LIFT M800

ロジクールのLIFT M800は非常に面白い形をしたマウスです。

一見ねじ曲がったような形状のLIFT M800は、握手をするような形でマウスを使うことができ、手首や腕への負担をかなり軽減して利用することができます。

またスクロールホイールも「高速」と「精確」の2種類のモードが搭載されていて、利用シーンに合わせて活用することも可能。

最大3台までペアリング登録ができたり、底面搭載のEasy-Switchボタンで接続先を変更できたりと、様々な面で使い勝手の良いマウスとして評価されているのがロジクールのLIFT M800なのです。

MX ERGO MXTB1s

ロジクールのトラックボールマウスとして好評なのがMX ERGO MXTB1sです。

MX ERGO MXTB1sは角度の調整に対応したトラックボールマウスで、自然と親指があたる絶妙な位置にボールが搭載されているのです。

またアプリでの各ボタンのカスタマイズ、そして2台までのマルチペアリングに対応など、利便性も抜群と評価されています。

そしてスクロールホイールも搭載されているので、ミドルクリックやチルトによる水平スクロールなども対応と非常に便利!

フル充電で最大120日も使用できるバッテリー持ちの良さも好評で、あらゆる意味で使いやすくフィットするマウスとして評価されているのです。

ERGO M575S

ERGO M575Sもロジクールのトラックボールマウスとして高い評価を獲得しています。

人間工学に基づいて設計されたERGO M575Sは、長時間使用での手首の負担を軽減してくれます。

トラックボールもスムーズな動き、精密な動作のため複数のコーティングが施されていて、摩擦が良い意味で少なく直感的な操作が可能な点も好評!

同梱のUSBレシーバーを利用した接続、そしてBluetoothでの接続が可能で、ウインドウズとマックの両方に対応しているので、どちらのユーザーでも安心して利用することができます。

人間工学に基づいた疲れにくく、そして使い勝手の良いトラックボールマウスを探している人にピッタリなモデルと言えるでしょう。

G Pro X Superlight G-PPD-003WL

ロジクールのゲーミングマウスで好評なのがG Pro X Superlight G-PPD-003WLです。

G Pro X Superlight G-PPD-003WLは63gを切るほどの超軽量設計であり、eスポーツなど競技性のが高く素早く激しい操作が必要なゲームでも、負担なく快適なプレイが可能です。

また正確でスムーズなトラッキングを実現する光学式HERO 25Kセンサーを採用している点も好評!

ロジクール独自のLIGHTSPEEDワイヤレステクノロジーに対応しているので、ワイヤレスでありながらも遅延や途切れの少ない操作性も人気の理由です。

合計5つのボタンが搭載されているのでゲーミングマウスとして活用しつつ、プライベートやビジネスシーンでも快適に活用できる利便性抜群のゲーミングマウス、それがG Pro X Superlight G-PPD-003WLなのです。

G703h G703-Hero

ロジクールのG703h G703-Heroは高性能で使い勝手も抜群、そんな評価を得ているワイヤレスゲーミングマウスです。

カーブを描いたデザインであり自然な形で手にフィットし、別途10g程度のウエイトを取り付けて重さを変えることもできるので、マウスの重量で操作に違和感を感じてしまう人やフィット感が気になる人も安心!

さらに合計6つのボタンを搭載していて自由にカスタマイズできるので、利便性にも優れています。

当然ロジクールの「LIGHTSPEEDワイヤレステクノロジー」にも対応しているので、非常に安定したワイヤレス通信が可能!

バッテリーもフル充電で最大60時間持ち、その絶妙なフィット感から長時間のプレイ・ランクマッチなどに熱中しても、充電切れの心配がなく集中してプレイすることができます。

トータルでみてバランスが良く安定したゲーミングマウスなので、初めて本格的なゲーミングマウスを使う人にもおすすめなモデルだと言えるでしょう。

ワイヤレスゲーミングマウス G304

最後にロジクールのワイヤレスゲーミングマウスであるG304についても紹介していきましょう。

ワイヤレスゲーミングマウスであるG304は、他のゲーミングマウスと比較すると少々コンパクトであり、普段から小さめなマウスを愛用している人もしっくりくるサイズ感だと好評です。

LIGHTSPEED対応で安定した通信が可能であり、高性能なセンサーでのスムーズなトラッキングも魅力的!

自由に設定できるボタンも合計6つ搭載されているので、カスタマイズ性にも優れたコンパクトゲーミングマウスとして好評です。

さらに軽量で耐久性に優れ、またUSBレシーバーを本体内部に収納できるため、いつでもどこでもeスポーツに熱中したい人にピッタリなマウスだと言えるでしょう。

ロジクールの使い勝手が抜群のキーボード

ここからはロジクールのキーボードについてピックアップしていきます。

安価で使いやすいモデルから多機能なビジネス用途のモデル、そしてゲーミングキーボードなど様々なモデルを開発しているロジクール!

いずれも魅力的なモデルですので、ロジクール製の各種キーボードを是非チェックしてみてください。

また、ロジクールのキーボードについては以下の記事で詳しく説明されています。

有線キーボード K120

まずは有線キーボードであるK120について紹介していきましょう。

キー構造にメンブレンを採用し、さらにテンキーを搭載したフルサイズのキーボードで、数字の入力もスムーズに行うことができます。

またスペースキーの下部が緩やかなカーブを描いていて、底面に格納されているチルトレッグを使えば角度をつけることもでき、快適なタイピングを可能としてくれます。

ドライバのインストールも不要でUSBに接続すれば即使用可能な点も、面倒な手間を避けたい人にも好評!

プライベートの利用からビジネスシーンまで幅広く活用できる、コスパに優れた使いやすいキーボードだと言えるでしょう。

メカニカルキーボード K835

次に有線でメカニカルキーボードでもあるK835を紹介していきます。

K835はメカニカル方式のキーを採用しているので、タイピングで心地よいフィードバックを得ることができる人気モデルです。

テンキーは非搭載のコンパクト設計で、狭いデスクでも使いやすく利用シーンを問わずに活躍してくれるメカニカルキーボード!

デリートや矢印キーなどよく使うキーが独立して配置されていたりと、慣れてしまえば非常に使いやすいキーボードとしても好評なのがK835なのです。

MX KEYS mini KX700

ワイヤレス方式でコンパクトモデルなMX KEYS mini KX700も、ロジクールで人気のキーボードです。

MX KEYS mini KX700はコンパクトかつ高性能なモデルで、テンキーレスで心地よい打感のパンダグラフ方式を採用しています。

Fnキーには様々な機能を搭載していて、さらに専用ソフトをインストールすると好みの機能にカスタマイズできる点も魅力的。

バックライトを内蔵していたり近接センサーを搭載していたり、そしてライトの明るさは手動はもちろん周囲に合わせて自動調節できる点も面白いところです。

薄型のコンパクトモデルでありながら、高性能で使い勝手が良いモデルとして多くのビジネスシーンで活躍してくれるキーボード、それがMX KEYS mini KX700なのです。

ワイヤレスキーボード K380

見た目が特徴的なワイヤレスキーボード K380もロジクールで注目したいキーボードです。

キーのほとんどが丸形になっていながらも、入力のしやすさを損なっておらず、またテンキーレスのコンパクト具合も好評。

様々なデバイスと組み合わせやすい点も好評で、ウインドウズやマック、iOSやAndroid、そしてChromeOSなどをサポートしているので、スマホやタブレットなどの利用にも最適です。

またワイヤレスキーボードであるK380は円形で可愛らしい見た目が特徴的ですが、カラーバリエーションも豊富なため使用するデバイスなどに合わせたコーデも楽しいもの!

最大3台のマルチペアリングにも対応していて、F1から3キーに割り当てられているEASY-SWITCHでスムーズに切り替えることもでき、いつでもどこでも快適に入力をサポートしてくれるキーボードとして活躍してくれることでしょう。

メカニカルキーボード SIGNATURE K855

コンパクトで非常に打感が良いことで好評なのが、ロジクールのメカニカルキーボード SIGNATURE K855です。

テンキーレスのコンパクトモデルで、メカニカル特有の心地よい打感が多くの人を魅了しています。

また接続はBluetoothと「Logi Bolt」の2つに対応していて、さらに3台のデバイスをシームレスに切り替えて利用可能です。

デバイスもウインドウズやマック、Linuxはもちろん、モバイルOSにも対応なので多くのシーンで活躍してくれること間違いなし!

本体は縦に自立もできるため、デスクのちょっとしたスペースに収納したり、バッグにスッと入るコンパクト具合も利便性が高いと言われる理由の1つでしょう。

ワイヤレスキーボード K780

ワイヤレスキーボードのK780は、スタンド一体型のテンキー付きキーボードとして好評です。

本体上部にスタンドが搭載されていて、タブレットやスマホを立て掛けることができ非常に便利!

最大3台のデバイス接続に対応し、F1~3でスマートに接続先の切り替えも可能です。

接続方式もBluetooth接続とUnifyingに対応していて、PCはもちろんアンドロイドやiOSにも対応可能。

パンダグラフ式で各キーの中心が絶妙なインカーブキーを採用しているので、タイピングがしやく絶妙なフィット感も好評です。

本体上部のスタンドを人それぞれ活かしながら便利に活用できるキーボード、それがロジクールのK780なのです。

ERGO K860

大型のリストレストが特徴的なERGO K860もロジクールで人気のキーボードです。

特徴的なテンキーが付いたキーボードでもあり、全体が大きくカーブしたデザインは、手首や前腕の負担を軽減するように設計されています。

自然な姿勢で長時間の利用が負担にならないため、ライターやプログラマーをはじめ長時間キーボードを利用するビジネスシーンで活躍してくれます。

ちなみにリストレストは3層構成で、心地よい弾力と滑らかさが特徴的です。

底面にスタンドが格納されていて3段階の調整も可能であり、手首や腕の負担を軽減しつつパフォーマンスを発揮したい人にオススメな上質なキーボードだと言えるでしょう。

サイレントワイヤレスキーボード K295

サイレントワイヤレスキーボードであるK295は、その名の通り静音性に優れたキーボードです。

テンキー付きであり、さらにショートカットキーを8つ搭載しているため、様々なシーンで利用しやすいのも魅力的なポイント!

ボリュームの調整やミュートのオンオフ、その他にもメーラーの起動など利用頻度の多い機能をキーボードから直接操作できるので時短や効率化も可能です。

またSilentTouchと呼ばれる独自のテクノロジーを搭載しているため、カチャカチャとした音が響きにくく、場所を問わずに活用できるのも人気の理由。

機能性に優れ、静音性にも優れているワイヤレスキーボードを探している人にとって、K295はこれ以上ないほど頼もしい愛機になってくれるはずです。

RGBゲーミング キーボード G213r

RGBゲーミング キーボード G213rはロジクールの中でも、特にリーズナブルなゲーミングキーボードとして好評です。

このモデルはメンブレン式であり優れたタイピング感が魅力的なMech-Domeキーを採用しています。

本体はテンキーを搭載したフルサイズの使用で、耐水性にも優れているため、もしも飲み物をこぼしてしまった場合も安心できます。

本体角度は2段階調整可能、一体型のパームレストを搭載、そしてゲーミングキーボードとしてのライティング機能「LIGHTSYNC RGB」に対応していて、専用ソフトの活用でライティング設定やキーの割当のカスタマイズも可能でとても便利!

ゲーミングキーボードとしてはかなりリーズナブルなので、初めてゲーミングキーボードを試してみたい人、安価なモデルを探している人は「G213r」をオススメします。

ワイヤレスゲーミングキーボード G715

最後にロジクールのワイヤレスゲーミングキーボードであるG715について紹介していきましょう。

このモデルは「オシャレなゲーミングキーボード」として一定の人気を誇ります!

何より特徴的なのは雲のようなデザインの可愛いパームレストが付属してくる点で、手首や腕の負担を抑えながら長時間のゲームプレイを楽しめます。

キーボード自体の性能も良く、Bluetoothでの接続はもちろん、独自規格の「LIGHTSPEED」にも対応しているので、遅延を抑えた快適な環境でのプレイが可能です。

メカニカルスイッチで「タクタイル・リニア・クリッキー」の3種類からタイプ感を選択でき、右上のローラーでスムーズなボリュームの調整も可能!

可愛いデザインながらもゲーミングキーボードとして必要な機能や性能を備えているG715は、男性からも女性からも親しまれているゲーミングキーボードなのです。

様々な用途で活躍するWEBカメラをピックアップ

ここからは様々な用途で活躍してくれるWEBカメラをピックアップしていきます。

ロジクールのWEBカメラは安価で使いやすいモデルから、用途に合わせた機能が充実したモデルまで様々です。

中にはちょっと変わったWEBカメラもありますので、そんな魅力的なロジクール製の各種WEBカメラを紹介していきましょう!

また、ロジクールのWEBカメラについては以下の記事で詳しく説明されています。

HDウェブカメラ C270n

まず真っ先に紹介したいのが、ロジクールのHDウェブカメラであるC270nです。

HDウェブカメラであるC270nは、非常にコスパに優れたWEBカメラとして高い評価を得ています。

圧倒的にリーズナブルな価格ながら、薄暗い場所でも対応できる自動光補正、そして最長1.5m離れてもノイズを削減するノイズリダクションマイクなどの機能にも対応!

そしてユニバーサルクリップでモニターやノートパソコンなど、様々な場所に取り付けることができるのも嬉しいところ。

画質はHDで画角が55度なので不足を感じる人もいるかもしれませんが、一般的な利用であれば十分すぎるほどの機能を備えたコスパ抜群のWEBカメラ、それがC270nなのです。

HD PROウェブカメラ C920n

次に少々メカニックなデザインのHD PROウェブカメラ C920nについて触れていきます。

C920nは画質と音質の両方に優れたWEBカメラであり、バランスの良い安定した性能が人気の理由です。

フレームレートは30fps、フルHDかHD画質で撮影をすることができ、特殊なガラスレンズでクリアな色合いを実現している点も見逃せません。

またオートフォーカスに対応していたり、デュアルマイクを採用していたりと、一通りの便利機能を搭載している点も評価されている理由です。

画角も78度とそこそこ広めですので、幅広いシーンで活躍してくれるミドルクラスのWEBカメラとして愛用することができるでしょう。

PRO HDストリーム ウェブカメラ C922n

ロジクールの「PRO HDストリーム ウェブカメラ C922n」は、動画配信を考えている人にオススメなWEBカメラです。

HDの場合は60fpsと中々のフレームレートで撮影することもできるため、滑らかに映し出すことができる点はジャンルによっては大きな強みとなるでしょう。

オートフォーカスや自動光補正なども当然搭載されていますし、三脚も付属されているので、クリップ式かスタンド式か好みの方法で利用することができます。

TwitchやYou Tubeをはじめとする動画配信サイトを活用するのならば、C922nはかなり使い勝手の良いカメラとして活用することができるでしょう。

HDウェブカメラ C505

ロジクールのHDウェブカメラであるC505は、非常にコスパの良いWEBカメラです。

リーズナブルな価格でありながら動作範囲が広く、最長3mでのノイズリダクション、60度の画角があるため多くのシーンで使いやすいのが特徴的!

2mのUSBケーブル、そして使いやすいユニバーサルクリップで自由な位置にカメラを設置することができます。

多人数を映す会議には向きませんが、自分だけが映れば問題ないテレワークやWEB会議などでは、十分に活躍できるコスパ抜群のWEBカメラだと言えるでしょう。

StreamCam C980

StreamCam C980はロジクールのWEBカメラの中でも、かなり性能が高いモデルとして評価されています。

非常に高品質な配信を実現できるWEBカメラで、フルHDの高画質で滑らかな配信を実現可能です。

また自動露出補正やオートフォーカスに対応しているので、多少激しい動きをした場合でもしっかりフォーカスしてクリアな配信が可能!

さらにノイズリダクション機能を搭載したデュアル無指向性マイクを採用しているので、前方と後方、そして側面のすべての音を同じレベルで拾うことができ、位置を気にせず配信を行うことができます。

一般的な16:9の横型撮影以外にも、9:16の縦型撮影にも対応しているので、YouTube shortsやTikTokの撮影も手軽に行える利便性も多くの人から評価される理由と言えるでしょう。

約2万円の価格帯ではありますが、あらゆるシーンで活躍できる高性能WEBカメラですので、これから本格的な配信を検討している人には非常にオススメなモデルです!

BRIO ULTRA HD PROビジネスウェブカメラ C1000eR

ロジクール製のWEBカメラの中で、ハイエンドモデルとして有名なのがBRIO ULTRA HD PROビジネスウェブカメラ C1000eRです。

このWEBカメラは4K・フルHD・HDの画質に対応していて、フレームレートも30・60・90fpsをカバーするほどのハイクオリティ!

さらに画角も65度・78度・90度を選択することができ、シーンに合わせた撮影を可能としています。

クリップ式と三脚固定での卓上スタンド式を使い分けることもでき、デュアル無指向性マイクで音声を正確に拾うことができます。

個人で使うWEB会議やテレワークで利用できることは当然として、ハイクオリティな動画配信を行いたい人にピッタリなハイエンドモデルのWEBカメラだと言えるでしょう。

PRO HDウェブカメラ C930s

PRO HDウェブカメラ C930sはフォーカスに強いWEBカメラとして、多くの人から評価されています。

90度の広い画角と4倍ズーム機能により、利用シーンに合わせて最適なフォーカスを実現可能です。

例えばWEB会議やセミナーなどで利用する際には、ズームアウトでホワイトボードを映したり、ズームインして特定の場所をアップしたりと使い勝手が良いのも嬉しいポイント!

フルHDかHDで表示させることができ、クリップ式と三脚固定のスタンド式の両対応なので、幅広いビジネスシーンで活躍してくれることでしょう。

その広い画角とズーム機能を活かし、複数人でのWEB会議や動画配信などにも利用できるので、かなり使い勝手の良いWEBカメラとして評価されています。

MeetUp

ロジクールのMeetUpは高機能かつシンプルなデザインが評価されているWEBカメラです。

4K画質に対応しており、さらに画角が113度とかなり広く、非常に広い空間を高画質で映し出すことが可能です。

また音声の調整やミュート機能、カメラ位置の変更などもリモコンでササッと遠隔操作が可能!

さらに内蔵のビームフォーミングマイクは最大4mまでの距離に対応していて、別売りの拡張マイクを使えば最長5mまで距離の延長も可能です。

多人数を映しながらのWEB会議、一人を背景も含めて高画質で映す配信など、ビジネスシーンからエンタメシーンなど、あらゆるシーンで活躍できる高機能・高性能なWEBカメラがMeetUpなのです!

BCC950 BCC950R

BCC950 BCC950Rはビジネスシーンで特に重宝するWEBカメラです。

高級感溢れる機材を会議室やオフィスにドンと設置して、そのままスマートに会議を始めることができます。

画角が78度と少し狭く感じるかもしれませんが、無指向性スピーカーフォンとノイズキャンセリングマイクを搭載しているため、会議シーンにはかなり強いモデルです。

画質もフルHDに対応しているので表情までクリアに映し出すことができ、4人程度までのWEB会議であれば十分に活用できるスペックを持ちます。

本格的なWEB会議、または順々に登壇するようなシーンなどでも活用しやすい本格的なビジネス用途で強いモデルだと言えるでしょう。

GROUP CC3500eR

最後のロジクールのハイエンドモデルでもあるGROUP CC3500eRに付いて紹介していきます。

GROUP CC3500eRは一通りの機材がセットになっていて、フルHD画質に対応したカメラと、カバー距離の長いマイク性能が魅力的な製品です。

特筆すべき点として10倍ズーム機能が挙げられ、離れたプレゼンターやホワイトボードなどへの正確なフォーカスも可能!

また4本の全方位マイクと90度の画角で、10人~20人程度の会議でも活躍できるハイエンドモデルです。

ビジネスシーンでかなりWEB会議やセミナー配信などの幅が広がりますので、企業が利用する際にかなり重宝するモデルだと言えるでしょう。


ビジネスからゲームまで幅広く活躍するヘッドセット

ここからはロジクールの各種ヘッドセットについてピックアップしていきます。

ビジネスシーンから本格的なeスポーツなどにも活用できるヘッドセットが揃っていますので、ロジクールの魅力的なヘッドセットについてチェックしていきましょう。

また、ロジクールのヘッドセットについては以下の記事で詳しく説明されています。

ステレオヘッドセット H111R

まずコスパが抜群の使いやすいモデルとして、ステレオヘッドセットのH111Rが挙げられます。

このモデルは3.5mmのステレオジャックをつなぐだけで即使用することができるモデルです。

ケーブルの長さも2メートル程度あるため、特にワイヤレスでなくても気にすることなく活用できるでしょう。

また180度回転するマイクが搭載されているので、音声をキャッチしやすい位置に調整もしやすく、音質もそれなりですので初めてヘッドセットを利用する人にピッタリ!

何より価格が圧倒的に安いため、WEB会議やテレワーク、またチャットでゲームをワイワイ楽しみたい人のヘッドセット入門用として非常にオススメなモデルと言えるでしょう。

USB COMPUTER HEADSET H340R

次に安価で使いやすいUSB COMPUTER HEADSET H340Rについて紹介していきます。

USB-AコネクタをPCに接続するだけで使える有線式のヘッドセットで、付け心地の良いヘッドバンドを採用しています。

ノイズキャンセリングマイクを採用していて雑音が入りにくく、クリアな音声で相手とのやり取りが可能です。

先の「ステレオヘッドセット H111R」を少しグレードアップさせ、なおかつUSB接続版のような印象を持つ人も多いかもしれませんね。

どちらも安価で使いやすいモデルですので、ステレオジャックかUSBか、使用する環境に合わせて選んでみることをオススメします。

USBパソコンヘッドセット H390R

リーズナブルな価格で本格的なヘッドセットとして人気なのがUSBパソコンヘッドセット H390Rです。

H390RはUSB接続でササッと使用することができ、ノイズキャンセリングマイクも採用しているのでクリアな通話が可能です。

またケーブル上にリモコンが搭載されているので、音量の調整やミュートなどの操作もスムーズに行えるのも便利なポイント!

調整可能なヘッドバンドが採用されているので、ヘッドセットがはじめての人でもストレスなく使用することができるでしょう。

リーズナブルな価格でありながら、しっかりしたヘッドセットですので、ある程度しっかりとしたコスパの良いヘッドセットを求める人にピッタリなモデルと言えますね。

ZONE VIBE 100

ZONE VIBE 100はマルチポイントBluetoothに対応したヘッドセットです。

テレワークやビデオ会議などでも活用される安定品質なヘッドセットで、それ以外の様々なシーンでも活躍してくれます。

指向性ビームフォーミングとDSPを搭載したデュアル無指向性MEMSマイクを採用し、また40mmのスピーカードライバーも備わっているため、非常にクリアな通話を実現しています。

さらに両アームに搭載されたコントローラーは、受話や終話、ミュートなども可能で、利便性の面でも優れていると好評です。

付け心地も抜群なZONE VIBE 100は、快適なビジネス用ヘッドセットを探している人にとって、非常にオススメなモデルだと言えるでしょう。

ゲーミング ヘッドセット G331

非常にコスパの良いゲーミングヘッドセットとして注目されているのが「G331」です。

ゲーミングヘッドセットであるG331は、50mmの大口径オーディオドライバーを搭載しています。

周囲の環境音を把握しやすくFPSをはじめとするeスポーツシーンでも使いやすく、臨場感あるサウンドを楽しめる点で様々なジャンルのゲームで活躍できるヘッドセットです。

6mmの単一指向性マイクでクリアなボイスチャットも可能で、ボイチャ不使用時にはマイクを邪魔にならない位置へずらすことも可能。

5,000円程度の価格帯でありながら中々の性能を備えていますので、コスパに優れたゲーミングヘッドセットを探している人は、ロジクールの「G331」を強くオススメします。

LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミング ヘッドセット G535

次に紹介したいのがロジクールのワイヤレスゲーミングヘッドセットであるG535です。

G535は高速で非常に安定したワイヤレス接続を実現する独自技術の「LIGHTSPEED」に対応していて、遅延やラグのストレスを感じることなく活用することができます。

本体重量もゲーミングヘッドセットの中では軽めな方で、負荷を分散させるサスペンション式ヘッドバンドや通気性に優れたイヤーパッドも好評!

パソコンやプレステにも対応していて、さらにイヤーカップ上のボタンから音量調節なども可能な点もとても便利。

本格的なeスポーツに打ち込みたい人は、LIGHTSPEED対応のワイヤレスゲーミングヘッドセットであるG535を導入してみてはどうでしょうか。

7.1 サラウンドサウンド LIGHTSYNC ゲーミング ヘッドセット G633S

7.1 サラウンドサウンドを超える音質を味わえると好評なのが「G633S」です。

WindowsやMac、SwitchやPlayStationなど様々な機器と有線接続が可能で、足音や周囲の状況を的確に察知したい人にオススメな性能を誇ります。

またゲーミングヘッドセットとしてではなく、単純に映画や音楽を楽しむ際にも非常に優れた音質で楽しむことができるのも好評な理由!

単一指向性マイクでのクリアなボイスチャットも可能であり、FPSやMMORPGなどでストレスないボイチャ環境を整えたい人にもオススメなゲーミングヘッドセットです。

圧倒的音質を楽しめるゲーミングヘッドセットを探している人は、ロジクールの「G633S」を試してみることをオススメしますよ。

LIGHTSPEEDワイヤレスRGBゲーミング ヘッドセット G733

独自規格の「LIGHTSPEED」に対応しており、ゾーンライトをカスタムも可能なワイヤレスゲーミングヘッドセット、それが「G733」です!

約1,680色の中から2つのゾーンライトをカスタマイズすることができる点は、一般的な「ゲーミングヘッドセット」のイメージに合致するのではないでしょうか。

見た目以外に音質も非常に好評で、ロジクール独自の「Headphone:X 2.0サラウンドサウンド」に対応しているため、ゲームでも映画でも音楽でも圧倒的な没入感を楽しむことができます。

本体も比較的軽量で、圧力を分散する低反発ヘッドバンドが採用されているので、長時間のゲームプレイにも支障がありません。

おしゃれで存在感もあり、そしてスペック的にも優れたゲーミングヘッドセットを探している人は、「G733」を導入してみてはどうでしょうか。

ワイヤレス ゲーミングイヤホン G FITS

ロジクールの「G FITS」はヘッドセットではありませんが、ワイヤレスゲーミングイヤホンとして好評ですのでこちらで紹介していきましょう。

LIGHTSPEED接続を採用したワイヤレスゲーミングイヤホンであるG FITSは、低遅延で安定した接続を実現し、音質もかなり良いため多くのシーンで活躍することができます。

ビームフォーミングマイクを搭載しているのでボイスチャットも非常にクリアで、さらにBluetooth接続にも対応しているので、多くの人の環境にマッチすることでしょう。

ヘッドセットの付け心地が苦手な人は、ワイヤレスゲーミング「イヤホン」として好評なG FITSを試してみてはどうでしょうか。

ワイヤレスBluetoothイヤホン ZONE TRUE WIRELESS

ロジクールのZONE TRUE WIRELESS、このモデルもヘッドセットではありませんが、使い勝手の良いワイヤレスBluetoothイヤホンとして好評ですのでこちらで紹介していきます。

ハイブリッドANCにより雑音を効率的にブロックできたり、外音取り込みのオンオフが可能で多くのシーンで役立ち、ヘッドセットが苦手なイヤホン派の人たちから高い評価を獲得しています。

また各イヤホンに3基ずつ搭載されたマイクは、高度なビームフォーミングやノイズリダクションで最高にクリアな通話を可能としてくれます。

5万円前後の高級イヤホンではありますが、ビジネスやゲームシーンでパフォーマンスをアップさせたい人たちから非常に高い評価を得ているので、ワンランク上の集中できる環境を欲している人に非常にオススメなモデルだと言えるでしょう。

音質とコスパに優れたロジクールのスピーカー

ここからはコスパに優れたモデルが多いと好評なロジクールのスピーカーをピックアップしていきます。

リーズナブルでバランスの良いサウンドを実現したモデル、また圧倒的音質なハイエンドモデルなど様々な人気モデルを紹介していきます!

また、ロジクールのスピーカーについては以下の記事で詳しく説明されています。

コンパクトステレオスピーカー Z120

まずロジクールのスピーカーとして人気なのが、コンパクトステレオスピーカーのZ120です。

Z120は卓上でもスペースを取らないコンパクトサイズが特徴的で、USB給電を採用しているためコンセントを確保できない環境でも活用することができます。

ノートパソコンからの給電にも対応しているので、多くのシーンで活躍してくれるコンパクトステレオスピーカーとして好評です。

また3.5mmオーディオ入力に対応しているので、多くのオーディオ機器を接続することができ、ボリュームと電源だけのシンプルな設計なので面倒な操作は一切不要!

デスク周りをスッキリ保ちつつスピーカーを設置したい人に最適なモデルと言えるでしょう。

ステレオススピーカー Z150

次に紹介したいのがステレオススピーカーのZ150です。

こちらもコンパクト設計なのでスペースを取らずに設置することができ、シンプルなデザインなので多くのインテリアにマッチします。

最大出力数が6Wとコンパクトスピーカーとして程よい出力で、サウンド性能にも優れている点が特徴的!

電源や音量、ヘッドホンジャックや補助ジャックなどの操作部もシンプルで、面倒な手間なく省スペースなスピーカーを即導入したい人にオススメなモデルです。

ステレオスピーカー Z200N

ロジクールのステレオスピーカーであるZ200Nは、コンパクトでありながら中々にパワフルなサウンドを楽しめるスピーカーとして好評です。

卓上に設置できる程よいサイズ感でありながら、最大出力が10Wでパワードライバーとパッシブラジエーターを左右のスピーカーに搭載!

リーズナブルなスピーカーの中でも、ゲームや映画、音楽などを少し良い音質で楽しみたい人に特に好評です。

価格も5,000円程度と手頃で、コンパクトでコスパが良く中々の音質のスピーカーを求めている人にオススメなモデルだと言えるでしょう。

コンパクト2.1スピーカーシステム Z213

コスパに優れた本格スピーカーとして好評なのが、ロジクールのコンパクト2.1スピーカーシステム Z213です。

Z213はコンパクトなモデルながら2.1スピーカーシステムを採用してて、左右のサテライトを含めて卓上にも設置しやすいサイズ感が好評です。

最大出力が14Wのサブウーファーにより迫力ある低音を楽しむこともできます。

背面には低音コントロールノブも搭載されていて、音源に合わせてカスタマイズできる点もおすすめポイント!

有線接続のコントロールポッドも付属されているので、省スペースかつコンパクトながら本格的なスピーカーを求める人も満足できることでしょう。

スピーカーシステム Z313

最大出力50Wの迫力あるサウンドが楽しめるのが、ロジクールのスピーカーシステム Z313です。

100mmのドライバーユニットを採用したサブウーファーの低音は迫力満点で、ゲーム・音楽・映画などあらゆるシーンで本格的な「音」を楽しむことができるスピーカーです!

3.5mmのステレオミニジャックに対応していて、サブウーファーの背面からつなぐだけでシンプルにセットアップが可能。

1万円以内で購入することができるコスパの良さでありながら、本格的なサウンドを楽しめるため、安くて高品質なスピーカーシステムを求めている人にオススメなモデルです。

Bluetooth スピーカー Z407

ロジクールのZ407は高品質なBluetoothスピーカーとして高い評価を得ています。

サブウーファーを下向きに設置するダウンファイアリング方式を採用しているZ407は、非常に深みのある低音を出力してくれます!

またデュアルポジションスピーカーを採用しているので、縦でも横でも設置する環境に合わせてスピーカーを置けるのも魅力的なポイントです。

接続方法もBluetoothだけではなく、MicroUSBや3.5mmステレオミニジャックにも対応しているので、様々なデバイスと簡単に接続することができます。

付属のワイヤレスコントローラーから有線とワイヤレスの切り替えも可能で、あらゆる面で利便性に優れ、なおかつパワフルなサウンドを楽しめるスピーカーとして評価されています。

スピーカーシステム Z533

ロジクールのZ533は最大出力が120Wと大迫力のサウンドを楽しめるスピーカーシステムです!

サブウーファーによる響き渡る低音、ノイズの少ないクリアなサウンド、優れた音質は音楽や映画、ゲームなどの臨場感を余すことなく味わうことができます。

また電源や音量、低音コントロールなどの操作は有線接続のコントロールポッドで行うことができるため、各種設定をスムーズに調整することが可能です。

3.5mmジャックとRCAを備えているので各種デバイスとの接続も容易で、様々なデバイスを接続して各種コンテンツを楽しむのも良いでしょう。

価格もかなりリーズナブルですので、コスパに優れた100W超えのスピーカーシステムを探している人にオススメなモデルです。

スピーカーシステム Z625

ロジクールのスピーカーシステムの中でも、世界的な規格であるTHX認定を受けたスピーカーシステムがZ625です!

最大出力が400Wで透明感ある高音と響き渡るような低音を実現することができる優れたスピーカーシステム。

3.5mmジャックとRCAに対応していて、テレビやパソコン、ゲーム機やスマホなど、最大3台までのデバイスに接続することができます。

音源ごとにケーブルを切り替える必要もなくセットアップも手軽であり、サテライトスピーカーはコンパクトで軽量なためスペースを取らずに設置することも可能。

圧倒的な迫力の「音」を楽しみたい人は、ロジクールの「THX認定」を受けたスピーカーシステム Z625をオススメします。

ゲーミングスピーカー G560

ロジクールのゲーミングスピーカーとして高い評価を得ているのが「G560」です。

G560は最大240Wのパワフルなサウンドを楽しむことができ、ダウンファイアリングサブウーファーと2基のサテライトスピーカーで最高のサウンドを楽しむことができます。

また2.1chスピーカーシステムがゲーム内のアクションや音楽と連動し、独特の光演出で雰囲気を盛り上げてくれるのは、まさにゲーミングスピーカーの名に恥じない素敵な演出です。

接続はUSBか3.5mm、もしくはBluetoothのいずれかで接続可能で、ロジクールEasy-Switch機能を使えば最大4台のデバイスをシームレスに切り替えすることもできます。

ゲームや音楽から3D位置オーディオの立体的な音響を作り出し楽しむことができるのも、ゲーミングスピーカーであるG560の魅力だと言えるでしょう。

LOGI DOCK

ロジクールの「LOGI DOCK」はスピーカー機能と操作部を兼ね備えた一体型のドッキングステーションです。

ビームフォーミングマイクのスピーカーフォンを採用していて、ノイズの少ないクリアなサウンドを実現しています。

主にビジネスシーンで活躍してくれるドッキングステーションであり、Microsoft TeamsやZoom、そしてGoogleMeetなど多くのサービスに対応しています。

専用アプリであるLogiTuneをインストールすれば機能をアップグレードすることもでき、カレンダーと同期させることで当日にデスクトップに通知をしてくれたり、スムーズな操作でオンライン会議にアクセスできたりと、ビジネス用途での利便性を格段に上げてくれる優れたガジェットだと言えるでしょう。

ロジクールの保証について(2023年)

ロジクールには、製品によって異なりますが多くは購入してから2年間の保証があります。
保証期間の確認はロジクールの製品ページからサポ―ト-開始にすすみ、保証で確認できます。

保証を受ける際はロジクールのページからサポートチャットにアクセスして、BOT対応から担当者とやり取りをします。
事前にトラブルシューティングを確認して試しておくことが前提です。

トラブルシューティングで解決できなかったことを伝えると、すぐに保証を受けることになります。

その際に伝えるのは以下です。

  • シリアル番号
  • 名前
  • 電話番号
  • 郵便番号
  • 配送先住所

これらの情報を提供すると、1週間程度の審査で、代替品を送ってくれることになります。

ロジクールの保証

保証の内容をまとめると

  • ロジクールの公式サイトで行う
  • アカウント登録不要
  • 製品登録不要
  • レシートや保証書不要
  • トラブルシューティングをする
  • 「シリアル番号」を確認する

といった要件で保証が受けられるようになっています。

なかなか壊れることは無いと思いますが、メーカー保証がしっかりしていると安心して購入できますよね。ロジクールの神対応は、口コミでも評判です。

ロジクール 保障のよくある質問

Q
サポート対応は?
A

多くの製品は2年間の保証があるため、購入から長期間経って壊れても交換することが可能です。
実際に初期不良があった商品の対応はSNSにも多くあがっていて、すぐ対応してくれたとの声が多く「ロジクールは神対応」と評判です。

株式会社ロジクールの会社概要

logitechは1981年にスタンフォード大学卒業生のDaniel BorelとPierluigi ZappacostaとGiacomo Mariniによってスイス・ヴォー州のApplesに共同設立されました。

ロジクールの世界名称は「Logitech」です。
しかし、日本のみLogitechの名称でない理由は、もともと「ロジテック株式会社」という会社が既に存在していました。
さらに「ロジテック」の商標登録がされており、日本法人「ロジクール」となっています。

株式会社ロジクール
〒105-6014
東京都港区虎ノ門4丁目3番1号城山トラストタワー

ロジクールの各種アイテムはコスパと品質に優れ好評

今回はロジクールの各ジャンルの中でも品質や使いやすさ、評判やコスパの良いモデルなど、様々な麺で好評なモデルを厳選して紹介してきました。

ガジェット界でも不動の地位を獲得しているロジクールですが、どのジャンル・アイテムでも評判が良いのが特徴的です!

・安価で使いやすいモデル
・コスパに優れたミドルクラス
・優れた品質のハイエンドモデル

一般的には上記に分類されるモデルが多いですが、各々の間の「ちょうどよい価格帯やスペック」のモデルが多かったりと、かゆいところに手が届くメーカーとしてもロジクールは好評です!

今回はロジクールの人気アイテムをピックアップしてきましたが、さらに各ジャンルで厳選したモデルを紹介していますので、合わせて各ページを参考にしてみてください。

そしてあなたにピッタリなモデルが見つかったのならば、ぜひ実際に使いロジクールならではの優れた使用感や品質を体感してみてはどうでしょうか。

きっとあなたのデジタルライフが今よりも快適で充実したものになることでしょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました