Logi Dock のレビュー:デスクワークを一新するドッキングステーション

スピーカー

デスクワークの効率化と生産性の向上はとても重要な課題です。その解決策として注目されているのが、ロジクールの革新的な製品、「Logi Dock」です。しかし、そのスタイリッシュなデザインと多機能性、そして約5万円という高価な価格は、一部のユーザーを躊躇させるかもしれません。その価値は本当にあるのでしょうか?

この記事では、その疑問に答えるために、Logi Dockの特徴とパフォーマンスを徹底的にレビューします。きっとこのレビューは、その答えを見つけるためのガイドとなるでしょう。

  1. 一台で多機能なロジクールの革新的ドッキングステーション
  2. Logi Dockの機能:スピーカーからUSBハブまで一台で完結
    1. デスクトップを整理する
    2. 会議の制御を行う
    3. すべてのデバイスを接続する
  3. モバイルPCのUSB集約問題を解決するLogi Dock
  4. 複数台のLogi Dockを一元管理
    1. Logi Dockの特徴
    2. 一元管理のための機能
  5. ウェブ会議におけるLogi Dockの活躍:スピーカーフォンとしての利点
    1. デスクトップのごちゃつきを解消
    2. 音楽を仕事の一部に
  6. ヘッドセットが不要:Logi Dockによるクリアな音声体験
    1. 高品質なスピーカーとマイク
  7. ドッキングステーションとしてのLogi Dock:使い方ガイド
    1. 製品の接続
    2. Logi Tuneアプリの利用
    3. カレンダーの統合
    4. ワンタッチミーティングコントロール
    5. ミーティングコントロールと表示灯
    6. USBデバイスの接続
    7. Bluetooth®対応モバイルデバイスの接続
    8. ディスプレイポートデバイスの接続
    9. HDMIデバイスの接続
  8. ウェブ会議で失敗しないためのLogi Dockの利用法
    1. ワンタッチミーティングコントロール
    2. カレンダーの統合
    3. ノイズキャンセリングスピーカーフォン
    4. オーディオスイッチ
    5. ミーティングコントロールと表示灯
  9. ロジクールのLogi Dockレビュー
    1. デザインと機能
    2. ポートと接続
    3. オーディオとコントロール
  10. ロジクールの保証について(2023年)
    1. ロジクールの保証
  11. ロジクール 保障のよくある質問
    1. 株式会社ロジクールの会社概要
  12. Logi Dock の総合的な評価

一台で多機能なロジクールの革新的ドッキングステーション

ロジクールのLogi Dockは、ホームオフィスのセットアップを簡素化し、デスクトップのごちゃつきを減らし、リモートワーカーがより生産的に感じるようにする、すべてが一つになったUSB-Cドッキングステーションです。主要なビデオ会議プラットフォームに対応して認証され、簡単にセットアップできるLogi Dockは、余分な周辺機器の必要性を排除し、ケーブルやワイヤーの絡まりを排除することで、すべてを一つの整然としたユニットに接続します。

Logi Dockは、最大5つのUSB周辺機器と最大2つのモニターを接続し充電することができ、不要な充電器や電源コードを置き換え、デスクトップのごちゃつきを消し去ります。主要な通話プラットフォームとシームレスに連携するLogi Dockは、あなたのホームオフィスを整理し、より生産的に作業できるようにします。

Image:logicool

Logi Dockは、あなたのデバイスを接続し、最大100Wの電力であなたのラップトップを駆動し、充電器、ケーブル、アダプターの数を減らす一つのシンプルなソリューションで、あなたのデスクをコントロールします。USB-AとUSB-Cを介して最大5つのUSB周辺機器を接続し、HDMIとDisplayPortを介して最大2つのモニターを接続します。Bluetoothを介してスマートフォンやタブレットにペアリングしてオーディオをストリームします。

Logi Dockは、Microsoft Teams、Zoom、Google Meet、Google Voice、Tencent Meetingに対応して認証されており、あなたのビデオ会議プラットフォームとシームレスに連携します。また、ITエコシステム内のほとんどのプラットフォームとオペレーティングシステムで使用されている一般的な通話アプリケーションと互換性があります。そして、従業員が簡単にセットアップできるので、リモートやハイブリッドの労働力に対してLogi Dockを自信を持って展開することができます。

Logi Dockは、オープンスペースのホーム、プライベートオフィス、フォーカスルームなど、あらゆる現代のワークスペースに適したエレガントなデザインです。

Logi Dockの機能:スピーカーからUSBハブまで一台で完結

Logi Dockは、ロジクールが提供する一体型のUSB-Cドッキングステーションで、ホームオフィスのセットアップを簡素化し、デスクトップの clutter を減らし、リモートワーカーがより生産的に感じるようにする製品です。主要なビデオ会議プラットフォームに対応しており、設定が簡単なため、Logi Dockは一つの整理されたユニットにすべてを接続し、余分な周辺機器の必要性を排除し、ケーブルやワイヤーの絡まりを解消します。

Image:logicool

デスクトップを整理する

Logi Dockは、一体型のUSB-Cドッキングステーションとして、最大5つのUSB周辺機器と最大2つのモニターを接続し、充電することができます。これにより、不要な充電器や電源コードを置き換え、デスクトップの clutter を消すことができます。主要な通話プラットフォームとシームレスに連携し、Logi Dockはホームオフィスを整理し、より生産的に作業できるようにします。

会議の制御を行う

Logi Dockには、ビームフォーミングマイクロフォンが6つ組み込まれており、あなたの声を明瞭に捉えます。また、高度なアルゴリズムにより、背景ノイズを減らした自然なボーカルサウンドを提供します。Logi Dockのスピーカーフォンから個人のオーディオに音声を切り替えたい場合は、Zone Wireless(Plus)ヘッドセットをオンにするか、Zone True Wirelessイヤーバッドを挿入するだけで、Logi Dockがスマートに切り替えてくれます。

すべてのデバイスを接続する

Logi Dockは、デバイスを接続し、最大100Wの電力でラップトップを駆動し、充電器、ケーブル、アダプターの数を減らす一つのシンプルなソリューションで、デスクの制御を手に入れることができます。USB-AとUSB-Cを介して最大5つのUSB周辺機器を接続し、HDMIとDisplayPortを介して最大2つのモニターを接続することができます。また、Bluetoothを介してスマートフォンやタブレットにペアリングし、オーディオをストリームすることも可能です。

モバイルPCのUSB集約問題を解決するLogi Dock

Logi Dockは、モバイルPCのUSB集約問題を解決するための一体型USB-Cドッキングステーションです。このデバイスは、ホームオフィスの設定を簡素化し、デスクトップの clutter を減らし、リモートワーカーがより生産的に感じるようにすることを目指しています。

Logi Dockは、最大5つのUSB周辺機器と最大2つのモニターを接続し、充電することができます。これにより、不要な充電器や電源コードが不要になり、デスクトップの clutter が消えます。主要な通話プラットフォームとシームレスに連携し、ホームオフィスを効率化します。

また、Logi Dockは、ビデオ会議サービスプロバイダにより異なるサポートを提供します。ミーティングに簡単に参加するためのカレンダー統合や、自分の音声をオン/オフにするミュートボタン、スピーカーの音量を上げ下げする音量コントロール、自分のカメラをオン/オフにするビデオボタンなど、ユーザーのニーズに合わせて機能をカスタマイズすることができます。

さらに、Logi Dockは、最大100Wの電力を供給しながらラップトップを充電することができます。これにより、多数の充電器、ケーブル、アダプタの必要性が減少します。USB-AとUSB-Cを介して最大5つのUSB周辺機器を接続し、HDMIとDisplayPortを介して最大2つのモニターを接続することができます。また、Bluetoothを介してスマートフォンやタブレットにペアリングしてオーディオをストリームすることも可能です。

これらの機能により、Logi DockはモバイルPCのUSB集約問題を効果的に解決し、リモートワークの効率と生産性を向上させることができます。

Image:logicool

複数台のLogi Dockを一元管理

Logi Dockは、Logitechが提供するUSB-Cドッキングステーションで、ミーティングコントロールとスピーカーフォンが一体化しています。このデバイスは、リモートワーカーがより生産的に感じるように、ホームオフィスのセットアップを簡素化し、デスクトップの clutter を減らすことを目指しています。Logi Dockは、最大5つのUSB周辺機器と最大2つのモニターを接続し、充電することができ、不要な充電器や電源コードを置き換え、デスクトップの clutter を消すことができます。

Logi Dockの特徴

Logi Dockは、ビデオ会議のためのボタンを一つ押すだけで、カレンダーと統合することができます。これには、Office 365とGoogleカレンダーをサポートするLogi Tuneデスクトップアプリが必要です。また、ミュートボタンを押すと、自分のオーディオをすばやくオン/オフにすることができます。さらに、Logi Dockのビデオボタンを押すと、自分のカメラをすぐにオン/オフにすることができます。

一元管理のための機能

Logi Dockは、Logi Tuneというアプリと連携することで、カレンダーと同期し、一日のスケジュールを把握しやすくし、ボタン一つでミーティングに参加することが容易になります。また、LogitechのSyncデバイス管理ソフトウェアを使用することで、オフィス、自宅、または他の場所にいる従業員が接続を維持し、Logitechのビデオ協力デバイスが健康で最新の状態であることを確認することができます。

ウェブ会議におけるLogi Dockの活躍:スピーカーフォンとしての利点

Logi Dockは、ホームオフィスのセットアップを簡素化し、デスクトップの clutter を減らし、リモートワーカーがより生産的に感じるようにする、すべてが一つになったUSB-Cドッキングステーションです。主要なビデオ会議プラットフォームに対応して認証され、設定が簡単なLogi Dockは、余分な周辺機器の必要性を排除し、ケーブルやワイヤーの絡まりを解消します。

Image:logicool

デスクトップのごちゃつきを解消

Logi Dockは、最大5つのUSB周辺機器と最大2つのモニターを接続し、充電することができます。これにより、不要な充電器や電源コードを置き換え、デスクトップの clutter を消すことができます。主要な通話プラットフォームとシームレスに連携し、ホームオフィスを効率化します。

音楽を仕事の一部に

音楽が理想的な仕事のパートナーであるなら、小さくても力強いスピーカーで好みを満たすことができます。これらのスピーカーは、没入感のあるステレオ音響、聞こえる強力なベースライン、大きく上げることができるボリュームを提供します。お気に入りの曲を歪みなく、丁寧にバランスを取り、クリスタルクリアに楽しむことができます。

ヘッドセットが不要:Logi Dockによるクリアな音声体験

Logi Dockは、その高品質なスピーカーとマイクロフォン機能により、ヘッドセットなしでもクリアな音声体験を提供します。これは、リモートワークやオンライン会議が日常的に行われる現代の職場環境において、非常に重要な機能となります。

高品質なスピーカーとマイク

Logi Dockのスピーカーは、60Hzから20KHzまでの周波数応答を持つ55mmのドライバーを搭載しています。これにより、音楽を聴くだけでなく、会議中の音声も鮮明に聞くことができます。また、スピーカーは自動的に音声を切り替える機能をサポートしており、Zone Wireless (Plus) ヘッドセットやZone True Wirelessイヤホンを使用するときに便利です。

また、Logi Dockにはビームフォーミングマイクアレイと呼ばれる6つのマイクが内蔵されています。これらのマイクは、65Hzから8KHzまでの周波数応答を持ち、背景ノイズを減少させながら自然な音声を提供します。

ドッキングステーションとしてのLogi Dock:使い方ガイド

Logi Dockは、その多機能性とユーザーフレンドリーな設計により、あなたのデスクワークを一新します。以下に、Logi Dockの基本的な使い方を解説します。

製品の接続

  1. AC電源コードの一方の端を電源供給装置に、もう一方の端をコンセントに接続します。
  2. 電源供給装置をドッキングステーションのAC電源ポートに接続します。
  3. USB-Cケーブルの一方の端をLogi DockのUSB-C上流ポートに、もう一方の端をコンピュータのUSB-Cポートに接続します。

Logi Tuneアプリの利用

GoogleカレンダーやOffice 365とのカレンダー統合、ワンタッチミーティングコントロールを利用するために、Logi TuneからLogi Tuneアプリをダウンロードしてインストールします。

カレンダーの統合

  1. コンピュータ上でLogi Tuneアプリを開きます。
  2. 好みのカレンダーをリンクし、カレンダープロバイダーで認証します。その後、アプリ内の手順に従います。
  3. リンクが成功すると、ダッシュボードにあなたの予定が表示されます。

ワンタッチミーティングコントロール

  1. カレンダーをLogi Tuneとリンクします。
  2. Tuneがバックグラウンドで実行されていることを確認します。Tuneがアクティブであれば、タスクバーにアプリが表示されます。
  3. ワンタッチ参加はデフォルトで有効化されています。無効化するには、Tuneアプリのデバイス設定を訪れます。

ミーティングコントロールと表示灯

Logi Dock、Zone Wireless (Plus)ヘッドセット、またはZone True Wirelessイヤホンがオーディオソースである場合、ミュートインジケーターライトが利用可能です。また、UCまたはTeams認定デバイスのみで利用可能なビデオインジケーターライトもあります。

USBデバイスの接続

Logi Dockには5つのUSBポートがあります:背面に2つのUSB-Aと2つのUSB-Cポート、側面に1つのUSB-Cポートがあります。キーボードやマウスなどの外部USBデバイスをUSB-AまたはCポートに接続します。

Bluetooth®対応モバイルデバイスの接続

  1. 背面のBluetooth®ペアリングボタンを3秒間押します。前面のアンビエントライトが青色に点滅します。
  2. モバイルデバイスのBluetooth®設定を開きます。
  3. 発見可能なデバイスからLogi Dockを選択します。
  4. ペアリングが成功すると、アンビエントライトが5秒間青色に点灯します。

ディスプレイポートデバイスの接続

ディスプレイポートビデオデバイス(モニターやプロジェクターなど)をLogi Dockに接続するには、ディスプレイポートケーブルを背面のディスプレイポートに挿入します。

HDMIデバイスの接続

HDMIビデオデバイス(モニターやプロジェクターなど)をLogi Dockに接続するには、HDMIケーブルを背面のHDMIポートに挿入します。

以上がLogi Dockの基本的な使い方となります。これらの手順に従って、あなたのワークスペースを効率的に整理し、生産性を向上させましょう。

ウェブ会議で失敗しないためのLogi Dockの利用法

ウェブ会議は現代のビジネスにおいて不可欠なツールとなっていますが、その成功は使用するテクノロジーに大いに依存します。Logi Dockは、その全機能性と使いやすさで、ウェブ会議の成功を確実にします。以下に、ウェブ会議で失敗しないためのLogi Dockの利用法をご紹介します。

ワンタッチミーティングコントロール

Logi Dockは、Google Meet、Microsoft Teams、Zoomなどの主要なビデオ会議プラットフォームと統合されています。これにより、ミーティングに参加するためにはボタンを一つ押すだけで十分です。これにより、ミーティングの開始時間を逃すことなく、スムーズに参加することができます。

カレンダーの統合

Logi Dockは、Logi Tuneアプリを通じてGoogleカレンダーやOffice 365と統合することができます。これにより、一日のスケジュールを一目で確認し、次のミーティングに簡単に参加することができます。

ノイズキャンセリングスピーカーフォン

Logi Dockにはノイズキャンセリング機能を備えたスピーカーフォンが内蔵されています。これにより、バックグラウンドノイズを最小限に抑え、クリアな音声で会議を行うことができます。

オーディオスイッチ

プライベートな会話をする場合、Logi Dockのスピーカーフォンから個人のオーディオに簡単に切り替えることができます。これは、Zone Wireless (Plus)ヘッドセットをオンにするか、Zone True Wirelessイヤホンを挿入することで可能です。

ミーティングコントロールと表示灯

Logi Dock、Zone Wireless (Plus)ヘッドセット、またはZone True Wirelessイヤホンがオーディオソースである場合、ミュートインジケーターライトが利用可能です。これにより、自分がミュートになっているかどうかを一目で確認することができます。

以上の機能を活用することで、Logi Dockはウェブ会議の成功を確実にします。これらの機能を最大限に活用し、ウェブ会議の品質を向上させましょう。

ロジクールのLogi Dockレビュー

Logi Dockは、デスクのケーブルの混乱を解消し、現代のラップトップが提供するポートの数を補うための便利なソリューションです。しかし、その価格は訳5万円と高価で、その価値はその機能とデザインに大いに依存します。

Image:logicool

デザインと機能

Logi Dockは、一見するとただのドッキングステーションではありません。そのデザインは、オフィスのセットアップを引き立てるように考えられています。そのスタイリッシュな外観は、LogitechのStreamCamや最近のMicrosoft Surface Laptopのオプションのファブリックキーボードカバーに似ています。

このドッキングステーションは、最大2つの4K 60Hzディスプレイをサポートし、接続されたラップトップに最大100Wの電力を供給することができます。その重量はわずか2ポンド以上で、滑り止めのゴム製の足が付いているため、どんな表面に置いても滑ることはありません。

ポートと接続

Logi Dockには、2つのUSB-Aポート、3つのUSB-Cポート、1つのHDMI 2.0、1つのDisplayPort 1.4出力があります。また、Bluetooth 5.1のペアリングボタン、Kensingtonロックスロット、ラップトップにドックを接続する専用のUSB-C Upstream(紫色のポートでマークされています)も備えています。

しかし、このドッキングステーションにはThunderboltやUSB 4ポートがありません。これらの接続規格は、電力、高速データ、ビデオ信号を一つの接続で提供できます。その代わりに、すべてのUSBポートは3.1 Gen 1で、転送速度は5Gbpsにとどまります。

オーディオとコントロール

Logi Dockには、ビデオ会議中にヘッドセットやラップトップの低品質なオーディオを完全に排除することを可能にする内蔵スピーカーフォンがあります。また、ミーティングのコントロール、内蔵スピーカーフォン、アンビエントライトを備えています。

このドッキングステーションの上部には、タッチコントロールがあり、これを使用して、ミーティングにすばやく参加したり、離れたり、スピーカーの音量を調整したり、ウェブカムとマイクを有効/無効にしたりすることができます。

ロジクールの保証について(2023年)

ロジクールには、製品によって異なりますが多くは購入してから2年間の保証があります。
保証期間の確認はロジクールの製品ページからサポ―ト-開始にすすみ、保証で確認できます。

保証を受ける際はロジクールのページからサポートチャットにアクセスして、BOT対応から担当者とやり取りをします。
事前にトラブルシューティングを確認して試しておくことが前提です。

トラブルシューティングで解決できなかったことを伝えると、すぐに保証を受けることになります。

その際に伝えるのは以下です。

  • シリアル番号
  • 名前
  • 電話番号
  • 郵便番号
  • 配送先住所

これらの情報を提供すると、1週間程度の審査で、代替品を送ってくれることになります。

ロジクールの保証

保証の内容をまとめると

  • ロジクールの公式サイトで行う
  • アカウント登録不要
  • 製品登録不要
  • レシートや保証書不要
  • トラブルシューティングをする
  • 「シリアル番号」を確認する

といった要件で保証が受けられるようになっています。

なかなか壊れることは無いと思いますが、メーカー保証がしっかりしていると安心して購入できますよね。ロジクールの神対応は、口コミでも評判です。

ロジクール 保障のよくある質問

Q
サポート対応は?
A

多くの製品は2年間の保証があるため、購入から長期間経って壊れても交換することが可能です。
実際に初期不良があった商品の対応はSNSにも多くあがっていて、すぐ対応してくれたとの声が多く「ロジクールは神対応」と評判です。

株式会社ロジクールの会社概要

logitechは1981年にスタンフォード大学卒業生のDaniel BorelとPierluigi ZappacostaとGiacomo Mariniによってスイス・ヴォー州のApplesに共同設立されました。

ロジクールの世界名称は「Logitech」です。
しかし、日本のみLogitechの名称でない理由は、もともと「ロジテック株式会社」という会社が既に存在していました。
さらに「ロジテック」の商標登録がされており、日本法人「ロジクール」となっています。

株式会社ロジクール
〒105-6014
東京都港区虎ノ門4丁目3番1号城山トラストタワー

Logi Dock の総合的な評価

Logi Dockは信頼性があり、驚くほどコンパクトで、デスクの整理整頓に優れています。オーディオ品質も十分で、USBマイクやヘッドセットを使いたくない人にとっては十分です。しかし、その価格は約5万円と高く、購入までにハードルを感じる方も少なくないかもしれません。

しかし、スピーカーフォン会議システムとUSBハブを組み合わせたアイデアが魅力的であれば、他に選択肢はほとんどありません。そのオーディオ品質は、既にセットアップを最小限にし、追加のポートを追加したいと考えている人々にとっては素晴らしい選択肢です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました