【必見】ankerの人気アイテムを厳選!コスパと品質で好評なモデル!

anker

「ankerの人気アイテムを知りたい!」
「アンカーのガジェットについて教えて!」
「ankerで面白い製品があるか知りたい!」

各種充電器やモバイルバッテリーをはじめ、スピーカーやワイヤレスイヤホンなど様々なアイテムが好評のanker!

多くのガジェット好きから愛されているメーカーであり、コスパを求める人からも好評なメーカーなので、既にいくつかanker製品を愛用している人もいるかもしれませんね。

そんなankerの各種アイテムですが、魅力的な製品が多いため製品選びに迷ってしまう人、また自分にピッタリなアイテムはどれなのか迷ってしまう人もいるようです。

他にも「ちょっと変わったガジェットを使ってみたい!」と、少し変わったankerのアイテムを知りたい人も多いようです。

そこで今回はリーズナブルな点でも製品の性能面でも好評なanker製品の中で、特に人気のアイテムを各ジャンルに分けてピックアップしてみました!

自分にピッタリなanker製品選びに迷っている人、ankerの魅力的な各種アイテムについて知りたい人は、ぜひ当ページを参考にしてみてください。

anker製で人気のオススメ充電器をピックアップ

それではankerで人気の充電器からピックアップしていきましょう!

コスパに優れた急速充電器、便利なワイヤレス充電器など魅力的なアイテムが目白押しです。

そんなanker製のオススメ充電器、人気のアイテムをピックアップしていきますので、是非チェックしてみてください!

PowerPort III Nano 20W

まずはankerの「PowerPort III Nano 20W」から解説していきます。

PowerPort III Nano 20Wはシンプルな1ポートタイプの充電器で、PD対応のUSB-Cは20Wまで出力が可能です。

iPhone12シリーズやiPad Proの高速充電にも対応していながら、かなりリーズナブルな価格な点が評価されています。

唯一プラグ(コンセントに差し込む部分)がむき出しなのがネックですが、それでもコンパクトな充電器を求める人にはかなり好評です。

500円玉程度のサイズ感はかなり好評なので、コンパクトで安い高速・急速充電器を探している人にオススメなモデルだと言えるでしょう。

511 Charger (Nano 3, 30W)

次に「511 Charger (Nano 3, 30W)」についても触れていきます。

1ポートタイプの30W充電器である511 Charger (Nano 3, 30W)は、PD対応の30W出力なのでスムーズな急速充電が可能です。

またプラグを格納することができる点も評価されていて、コンセントへの差し込み部分が出っぱなしではなく折りたたみ式プラグなので持ち運びにも便利!

さらにタブレット端末やノートPCなどにも使える利便性も好評で、持ち運びできるコスパの良い急速充電対応充電器を求めている人にぴったりなアイテムだと言えますね。

323 Charger (33W)

ankerの323 Charger (33W)は2ポートタイプかつ、30Wクラスの充電器です。

カラーはホワイト、ブラックの2種類から選ぶことができ、デザインもコンパクトかつシンプルなので、どんなシーンでも自然に活躍してくれます。

2ポート同時利用の場合には、合計最大32W出力(20W+12W)と制限がありますが、スマホとタブレットの充電、もしくは2台持ちのスマホを両方充電したい場合などには非常に便利です!

出力上、ノートパソコンとスマホの2台充電は厳しいですが、コスパが良い2ポートで30Wクラスの充電器を探している人には、かなり使い勝手の良いモデルだと言えるでしょう。

521 Charger (Nano Pro)

2ポートタイプで40WクラスのUSB-C充電器を探しているならば、521 Charger (Nano Pro)がおすすめです。

カラーもブルー以外に、パープル、ブラック、ホワイトとカラバリが豊富で、いずれもシンプルかつ高級感ある見た目なので、好みのカラーを選びやすいのも地味に人気のポイント。

ただしコンパクトモデルで性能も申し分ないものの、プラグの折りたたみに対応していないので、そこが気になる人は注意です。

ちなみに1ポート使用ならMacBookAir用としても使える充電器なので、カフェや出先でMacBookAirをバリバリ活用したい人にもピッタリ!

スマホやタブレットの2台充電に便利に活用しつつ、たまにMacBookAirの充電も視野に入れている人は、521 Charger (Nano Pro)を選ぶのも良いのではないでしょうか。

Nano II 45W

ankerのNano II 45Wは名前の通り、1ポートタイプで45Wの充電器です。

ツートーンでモダンかつ高級感あるデザインは多くのガジェット好きを魅了しています。

またプラグ格納に対応しているので持ち運びも便利な点も見逃せません!

そして最大45W出力対応なので、スマホでもノートパソコンでも一通りのデジタル機器で高出力充電が可能です。

もちろんMacBookAirの急速充電も可能なので、1ポートタイプで使い勝手の良いシンプルな充電器を探している人は、ankerのNano II 45Wを候補に入れてみてはどうでしょうか。

Nano II 65W

6W出力対応、PD対応急速充電器として多く人を魅力するのがankerのNano II 65Wです。

Nano II 65WはMacBookPro(13インチ)をはじめとし、様々なモバイルノートPCの急速充電に対応しています。

65W出力のため20~30Wクラスの充電器と比較するとサイズが大きめですが、それでもスマートなコンパクトモデルと言えるほどの程よいサイズ感が好評です。

MacBookPro・ノートパソコンなどで便利に使える急速充電器を探しているのであれば、Nano II 65Wは非常にオススメなモデルだと言えるでしょう。

PowerPort III 2-Port 100W

ankerのPowerPort III 2-Port 100Wは、2ポートタイプで100WクラスのUSB-C充電器です。

サイズは手のひらに収まる程度のコンパクト感で、小さすぎず大きすぎずの程よいサイズ感だと好評!

1ポート使用時にはPD規格最大の100W出力に対応しているため、16インチのMacBookProなどほぼ全てのデバイスで「急速充電」が可能です。

2ポート使用時にも上部(最大)60W、下部(最大)40Wに分配されるため、様々なデバイスの2台同時充電も問題なくできてしまう優れもの!

2ポート100Wでスマートサイズなため使い勝手が抜群、そんな高い評価を得ているのがPowerPort III 2-Port 100Wなのです。

547 Charger (120W)

ankerの547 Charger (120W)は、4ポートタイプのUSB-C充電器です。

最大120W出力が可能な547 Charger (120W)は、左から順に「100W・60W・20W・20W」と最大出力ワット数が分類されています。

左2つのポートを使い、60W・60Wの計120Wでデバイスを充電したり、50W・30W・20W・20Wの計120Wでスマホやタブレットをまとめて充電したりすることもできる便利な4ポートタイプ!

また本体には約1.5mの電源ケーブルが付属しているので、離れた位置からでも設置することができ、お部屋はもちろん様々なシーンで活躍してくれます。

出張が多いビジネスマンの方が「MacBookPro・MacBookAir・iPad・iPhone」などの組み合わせで、同時急速充電が便利などの口コミもあり、複数端末をストレスなく急速充電したい人にピッタリな充電器だと言えるでしょう。

PowerWave 10 Stand

ankerの卓上充電器として人気なPowerWave 10 Standについても解説していきましょう。

最大10Wの出力が可能なPowerWave 10 Standは、いちいち充電端子を接続するのが面倒だという人に人気です。

縦置きはもちろんのこと、横置きでも充電が可能で、また5mm以下のスマホケースであれば着用したまま問題なく充電が可能!

iPhoneやGalaxyをはじめ7.5W出力急速充電、10W出力急速充電に対応しているため、置くだけの卓上充電器の中でも使い勝手が良く高い評価を得ています。

その上でコスパが非常に良いため、安くて使い勝手の良い卓上充電器を探している人は、PowerWave 10 Standを試してみることをオススメしますよ!

PowerWave+ 3-in-1 Stand with Watch Holder

最後にステーションタイプの充電器として好評なPowerWave+ 3-in-1 Stand with Watch Holder、このモデルについて解説していきます。

名前の通り「スマホ・スマートウォッチ・ワイヤレスイヤホン」の3種のデバイスを置くだけで充電できる、そんな利便性と独特なデザインが口コミでも好評です。

2~4ポートタイプの急速充電器も使いやすいものですが、スマートウォッチ、そしてワイヤレスイヤホンも含めて置くだけ充電できるステーションタイプは珍しく、それらを愛用している人からは非常に高い評価を得ています。

独特なステーションタイプのデザインにググッと来た方は、自室やオフィスなどにPowerWave+ 3-in-1 Stand with Watch Holderを設置してみるのも良いのではないでしょうか。

毎回各種デバイスの充電にストレスを感じることもなく、ステーションでの充電で気持ちがグッと上がること間違いなしですよ!

ankerのコスパ抜群のモバイルバッテリーを厳選

ここからはankerのモバイルバッテリーを厳選して紹介していきたいと思います!

コスパが良い定番モデル、使い勝手や容量重視など様々なモデルを紹介していきます。

また少し変わったワイヤレスタイプなどもピックアップしていきますので、ぜひankerの各種モバイルバッテリーをチェックしてみてください。

347 Power Bank

まずはankerのモバイルバッテリーとして好評な347 Power Bankについて紹介していきましょう。

347 Power Banは大容量さが人気のモバイルバッテリーで、その容量は40,000mAhを搭載しています。

新型iPhoneやGalaxyなどのスマホも6回以上充電することができ、MacBookAirも2回以上充電できるほどの容量と言えばわかりやすいでしょうか。

またUSB Type-A、Type-Cを各2ポートずつ搭載していて、合計4台までのデバイスをまとめて充電できる点も好評!

Type-Cポートは最大30W出力にも対応しているので、スマホやタブレットの急速充電も可能で、プライベートからビジネスシーンでも活躍してくれる頼もしいanker製の大容量モバイルバッテリーです。

737 Power Bank

次にモデル737 Power Bankについて紹介していきましょう。

ankerの737 Power Bankは、小型ディスプレイ搭載の長方形デザインがオシャレな大容量モバイルバッテリー!

出力やバッテリー残量もディスプレイで確認することができ、容量も24,000mAhと中々のもの。

最大140Wの高出力に対応しているtype-cポートも搭載しているため、スマホやノートパソコンなど様々なデバイスを素早く充電することが可能です。

ちょっぴりオシャレで使い勝手の良い大容量モバイルバッテリーを探している人は、ankerの737 Power Bankはかなりオススメですよ。

537 Power Bank

使い勝手の良い大容量バッテリーとして好評な537 Power Bankについても触れていきましょう。

ankerの537 Power Bankは24,000mAhで一般的なスマホを複数回フル充電できる容量を備え、30Wでの急速充電も可能です。

またUSB PDに対応しているType-Cを2ポート搭載しているので、最大65Wの出力での充電も可能なため、MacBookProのようなノートパソコンの充電にも活用できます。

ノートパソコンの充電も含めた大容量モバイルバッテリーを探している人は、使い勝手が良い537 Power Bankをモバイルライフに取り入れてみることをオススメします。

335 Power Bank

大容量でありながら比較的コンパクトな335 Power Bankについても紹介していきます。

ankerの335 Power Bankは、20,000mAhの大容量バッテリーを搭載していて、スマホを約4回程度は充電できる使いやすい容量です。

ポートはType-Cを1ポート、Type-Aを2ポート搭載していて、Type-Cを単一で使う場合には最大20W出力での充電が可能!

スマホの急速充電に使えることはもちろん、また定電流モードを使うことでイヤホンなどの周辺機器も安全に充電できるため、日常使いはもちろん災害時の備えとしても優秀なモバイルバッテリーとして好評なのが335 Power Bankなのです。

733 Power Bank

ankerの733 Power Bankは急速充電器としても使える、そんな便利なモバイルバッテリーです。

急速充電器として使う際には最大65Wの出力、モバイルバッテリーとして活用する場合にも最大30Wと不足ない出力で使うことができます。

バッテリーは10,000mAhと他の大容量モバイルバッテリーと比較すると少し物足りなさを感じる人もいるかもしれませんが、一般的なスマホであれば1~2回は問題なく充電できる容量です。

また温度をスマートにコントロールできる「ActiveShield 2.0」が搭載されているため、高出力でも安全に使用できる点も多くの人から評価されています。

デザインもお洒落ですので、急速充電器兼モバイルバッテリーとして使えるモデルを探している人は、ankerの733 Power Bankを候補に入れてみてはどうでしょうか。

321 Power Bank

ここから軽量のモバイルバッテリーを紹介していきますが、その中でも好評なのが321 Power Bankです。

ankerの321 Power Bankは、手のひらに収まるサイズ感でありながら5,200mAhの容量を備えており、スマホを1回充電するのには問題ない軽量モバイルバッテリーとして評価されています。

またUSB Type-CとType-Aを1ポートずつ搭載しているので、まとめて2台のデバイスを充電することも可能です。

PowerIQに対応もしているので、iPhoneやAndroidなど種類を問わずに適切な電流に調整して充電が可能なことはもちろん、ワイヤレスイヤホンなどの周辺機器を安全に充電できる低電流モード対応な点も嬉しいポイント!

軽量で使い勝手の良いモバイルバッテリーを探している人にとって、321 Power Bankはかなりオススメできる人気モデルだと言えるでしょう。

511 Power Bank

ankerの511 Power Bankは、軽量かつオシャレなモバイルバッテリーとして高い人気を誇ります。

リップスティックのようなスタイリッシュなデザインである511 Power Bankは、ポケットにも収納できるぐらいスリムであり、またストラップ搭載型な点も高評価です。

ACプラグも折りたたみ式なので邪魔になることはなく、様々な規格と互換性があるため、多くのデバイスを急速充電可能!

またモバイルバッテリー自体にはコンセントに直接接続して充電を行えるためケーブルが不要です。

価格もリーズナブルでコスパの良いオシャレなモデルを探している人は候補に入れてみても良いのではないでしょうか。

PowerCore 5000

ankerのPowerCore 5000は「スティックタイプ」のモバイルバッテリーとして好評です。

直径約3cmのスリムな円形状のデザインはとてもオシャレで、気軽に持ち運びが可能なサイズ感も人気のポイント!

それでいてサージ保護機能やショート防止機能なども搭載されているので、安心して利用できるモバイルバッテリーとしても評価されています。

名前の通り5000mAhの容量を搭載しているので充電時に不足するようなこともありません。

価格もかなりリーズナブルなため、オシャレでコンパクトなコスパに優れたモバイルバッテリーを求めている人は、スティックタイプのPowerCore 5000を候補に入れてみてはどうでしょうか。

633 Magnetic Battery

少し変わったモデルとしてankerの633 Magnetic Batteryに付いて紹介していきましょう。

633 Magnetic Batteryはワイヤレス充電対応のモバイルバッテリーで、7.5Wの出力でワイヤレス充電をすることが可能です。

iPhone12以降のmagsafe対応モデルに対して、固定しながらワイヤレス充電することができるのも便利なポイント!

薄型コンパクト設計ながらも5,000mAhのバッテリー容量なので、多くのiPhoneを1回以上充電することができるでしょう。

折りたたみ式のスタンドも搭載されている点も便利で、ワイヤレス対応のモバイルバッテリーを探している人はanker性の633 Magnetic Batteryを試してみることをオススメします。

PowerCore III 10000 Wireless

最後に有線充電とワイヤレス充電のダブル対応、そんなPowerCore III 10000 Wirelessについて紹介していきます。

PowerCore III 10000 WirelessはQi規格に対応するワイヤレス充電ポートが搭載されているので、iPhone・Androidを問わず多くのデバイスを乗せるだけで充電可能です。

またPowerIQ対応のUSB Type-AとType-Cポートが1つずつ搭載されているので、ワイヤレス非対応のデバイスにも最大18Wの出力で充電が可能!

本体にはスタンドも搭載されていて10,000mAhと容量も多く使い勝手も良いため、有線とワイヤレスのダブル充電対応モバイルバッテリーを探している人は、ankerのPowerCore III 10000 Wirelessを試してみてはどうでしょうか。

ankerの使い勝手抜群のワイヤレスイヤホンまとめ

ここからはankerの使い勝手が抜群なワイヤレスイヤホンについて紹介していきたいと思います。

充電器・モバイルバッテリーで有名なankerですが、実はワイヤレスイヤホンもかなり人気なのです。

そんなankerの本当にオススメできるワイヤレスイヤホンについてピックアップしていきますので、ぜひ各モデルをチェックしてみてください。

Soundcore Life P3

まずはankerのSoundcore Life P3を紹介していきましょう。

Soundcore Life P3は非常にシンプルなデザインのワイヤレスイヤホンです。

環境に合わせてノイズキャンセリングの強度を選べる「ウルトラノイズキャンセリング」を搭載しているため、どんな環境でも音楽や動画、オーディオブックなどに集中することができます。

またイヤホンを装着したまま会話ができる外音取り込み機能を備えていたり、ノイズリダクション機能搭載マイクを内蔵していたりと使い勝手が抜群。

音と映像のズレを軽減できるゲーミングモードなども備えていて、一通りの機能を搭載しているワイヤレスイヤホンを選びたい人も満足できるモデルだと言えるでしょう。

Soundcore Life P2 Mini

Soundcore Life P2 Miniは3つのモードを搭載した使いやすいワイヤレスイヤホンです。

低音を増幅した低音モード、音声をクリアにするボーカルモード、そして一般的な通常モードなど用途に合わせてモードを選ぶことが可能!

イヤホン単体で最大8時間、充電ケースと合わせて最大32時間再生が可能とバッテリー面でも満足度の高いモデルです。

10分の充電で約1時間再生できる急速充電にも対応しているため、ストレスなくワイヤレスイヤホンを活用したい人も満足できるモデルですので、気になる方はぜひ試してみてはどうでしょうか。

Soundcore Life P2i

迫力あるサウンドを楽しめるワイヤレスイヤホン、それがankerのSoundcore Life P2iです。

Soundcore Life P2iは10mmドライバーを搭載しているため、低音モードでは迫力ある音質を堪能することができます。

また音声をクリアにするポッドキャストモードは、音声をメインとするシーンで活躍してくれます。

AIノイズリダクションを搭載しているので、クリアなハンズフリー通話が可能であり、軽量設計なので長時間使用していても疲れを感じることも無いでしょう。

比較的リーズナブルな部類のワイヤレスイヤホンなので、コスパが良く機能面もある程度充実しているワイヤレスイヤホンを選びたい人にもオススメなモデルです。

Soundcore Liberty 4

ankerのSoundcore Liberty 4は、高音質なサウンドを楽しめるSoundcore Libertyシリーズの中でも好評なモデルです。

2つのダイナミックドライバーを搭載していたり、高音質コーデックのLDACに対応しているのでハイレゾ相当での再生も楽しむことができます。

自動でノイキャン強度を調節してくれる機能、心拍計測やストレスチェックなども可能なヘルスモニタリング機能など、地味に便利な機能を搭載している点も高評価の理由!

イヤホン単体でも最大9時間再生ができ、充電ケースと合わせれば28時間再生可能なロングバッテリーも内臓されています。

高音質で多機能なワイヤレスイヤホンを求めている人は、Soundcore Liberty 4で新しい世界を開いてみてはどうでしょうか。

Soundcore Liberty 3 Pro

ankerのSoundcore Liberty 3 Proは「Pro」と言われるだけあり、様々な機能を搭載した高性能ワイヤレスイヤホンとして評価されています。

独自のドライバー「A.C.A.A 2.0」を採用しているので、繊細な高音質で音楽を再生できるのも特徴的です。

他にも自分の好みのサウンドを楽しむことができる「HearID機能」、そして現実に近い広がりある音響を再現する「3Dオーディオ機能」などで音楽・ライブを楽しめたりと、「音」に対するこだわりが感じられる優れたアイテムです。

そして充電ケースも高級感溢れるデザインなので、高品質なワイヤレスイヤホンを求めている人にこそ、ankerのSoundcore Liberty 3 Proはオススメできるモデルだと言えるでしょう。

Soundcore Liberty Neo 2

IPX7相当の高い防水性能を実現したワイヤレスイヤホン、それがSoundcore Liberty Neo 2です。

ankerのSoundcore Liberty Neo 2は、汗や雨などを気にせずに活用することができるので、屋外やスポーツ時などにワイヤレスイヤホンを利用したい人にピッタリ!

また片耳再生のモノラルモードに対応していたり、複数サイズのイヤーチップとイヤーウイングが同梱されているので、自分の耳にフィットする感じに調整が可能。

利便性に優れながらもリーズナブルな価格で購入することができるため、anker製のワイヤレスイヤホンの中でもコスパに優れたモデルだと好評なのがSoundcore Liberty Neo 2なのです。

Soundcore Liberty Air 2 Pro

スタイリッシュなデザインと高品質さを両立させたワイヤレスイヤホンがSoundcore Liberty Air 2 Proです。

またSoundcore Liberty Air 2 Proは10層ナノレイヤーによる「PureNoteドライバー」を搭載しているため、優れた高音質を実現しています。

そしてノイズキャンセリングやノイズリダクション搭載マイク、そして外音取り込みなど一通りの機能を搭載しつつ、性能とコスパの良さを両立させたモデルとして好評です。

IPX4相当と普段利用では十分な防水性能も備えているため、様々なシーンで活用できるミドルクラスのワイヤレスイヤホンだと言えるでしょう。

Soundcore Sport X10

ankerのSoundcore Sport X10は、名前の通りスポーツシーンなどで活躍できるワイヤレスイヤホンです。

IPX7の防水規格に対応しつつ、Anker独自のSweatGuardテクノロジーにより、雨や運動時の汗を気にすることなく活用することができます。

またスポーツやアウトドアシーンでもストレスを感じないシリコン製のイヤーフックは、快適な付け心地と「外れにくさ」を両立した優れたフィット感を感じることが可能。

さらにイヤホン本体上部のボタンで音楽の再生・停止・曲送り・曲戻り・音量調節はもちろん、通話や終話の操作も可能。

スポーツシーンやアウトドアシーンで活用できる便利なワイヤレスイヤホンを探しているなら、Soundcore Sport X10をあなたのライフスタイルに取り入れてみることをオススメします。

Soundcore Sleep A10

Soundcore Sleep A10は就寝時にオススメなワイヤレスイヤホンです。

耳にかかる負担が少なく、就寝時でも快適に装着できるフィット感が特徴的!

また独自2層構造イヤーチップで優れた遮音性を実現し、またスリープミュージックを再生できる睡眠モードが快適な睡眠を促してくれます。

さらに睡眠状態をモニタリングして起床時間や眠りの深さなどを記録したり、イヤホン内で鳴るアラーム機能を搭載など、睡眠(sleep)に関する機能が充実しているのが魅力的!

もちろん普通に音楽や動画を楽しめる音楽モードも搭載されているので、快適な睡眠管理をしつつ普段使いもできるワイヤレスイヤホンとして愛用者が多いワイヤレスイヤホン、それがSoundcore Sleep A10なのです。

Soundcore VR P10

最後に少し特徴的なワイヤレスイヤホンとして、Soundcore VR P10を紹介していきましょう。

ankerのSoundcore VR P10は、VR機器である「MetaQuest2」にも対応しているゲーミング向けのワイヤレスイヤホンです。

LightningSyncワイヤレス技術で30msの超低遅延を実現しているため、遅延などが気にならず快適にゲームをプレイすることができます。

2台同時の接続にも対応しているのでUSB-Cドングルで「MetaQuest2」に接続しながら、Bluetoothでスマホと接続して通話をするような使い方も可能!

ちなみにUSB-CドングルはPS5やSwitch、パソコンなど様々なデバイスに対応しているため、ゲーム向けの「ゲーミングワイヤレスイヤホン」を求めている人はSoundcore VR P10で最高のプレイ環境を整えることをオススメします。

ankerのコスパと品質を兼ね備えた人気スピーカー

ここからはankerのスピーカーについて紹介していきたいと思います。

スピーカーで人気のメーカーはいくつかありますが、王道メーカーに引けを取らないほど最近のankerのスピーカーは勢いがあります!

コスパに優れたスピーカーを探している人、高品質なスピーカーを探している人、いずれも満足できるモデルが揃っているので、ankerのスピーカーが気になっている人はぜひ各種モデルをチェックしてみてください。

Soundcore 2

ankerのSoundcore 2はコンパクトボディでクリアなサウンドを楽しむことができる優れたスピーカーです。

6Wドライバーを2つ搭載しつつ、メーカー独自のBassUPテクノロジーで、深みと迫力ある重低音を実現している点も好評な理由!

またIPX7規格の防水性能なので、場所を選ぶことなくアウトドアシーンなどでも活躍できる便利なモデルです。

価格も非常にリーズナブルで音質や利便性、機能面などのバランスが取れているため、コスパに優れたスピーカーを探している人にピッタリなモデルだと言えるでしょう。

Soundcore 3

リーズナブルながらミドルクラスの性能がると好評なのがSoundcore 3です。

Soundcore 3は低域から高域までバランスの良い高音質を実現していて、歪みのない鮮明なサウンドが多くの人に評価されています。

IPX7相当の防水規格を備えてコンパクトなサイズ感、それでいて最大16Wの迫力あるサウンドを楽しむことができる便利なモデル!

専用アプリのインストールでアプリ内でのイコライザーカスタマイズなども可能な点も魅力的、そんなコスパ良く様々な機能を搭載しているのがSoundcore 3なのです。

Soundcore mini3

丸形でコンパクトなサイズ感が好評なSoundcore mini3についても触れていきましょう。

Soundcore mini3は持ち運びやすいサイズ感が魅力的でありながら、BassUpテクノロジーによって迫力ある低音を楽しむことができるスピーカーです。

USB-Cポート、そしてBluetoothに対応しているので、様々なデバイスと接続することができ、持ち運びやすさも相まって場所を選ばず活躍してくれる便利なスピーカー!

コンパクトで便利機能が満載、そして5,000円程度の価格帯ということで、持ち運びやすいおしゃれなコンパクトスピーカーを探している人にオススメなモデルです。

Soundcore Motion+

Soundcore Motion+は音質を重視する人に好評なハイレゾ対応スピーカーです。

2つの超高周波ツイーター、2つのネオジウムウーファー、2つのパッシブラジエーターを搭載し、最大30Wの迫力あるサウンドを楽しむことができます。

AUXケーブルで接続することでハイレゾ音源を再生することができ、またBluetooth接続時もQualcomm aptXによって遅延を感じない高品質なサウンドを楽しむことができると好評!

IPX7防水規格、そして最大12時間再生可能な6700mAhのバッテリーを内蔵しているため、自宅はもちろんパーティーやビジネスシーンなど様々な場面で活躍できる便利なスピーカーです。

PowerConf S3

ここでビジネス向きのスピーカーとしてのPowerConf S3についても触れていきましょう。

PowerConf S3はどちらかと言えば「スピーカーフォン」の用途が強いですが、使い勝手の良さが評価されています。

全方向から声を漏れなく集めることができる「6つの全指向性マイク」、そしてエコーキャンセリングや残響抑制、ノイズリダクション機能を搭載しているのでビジネスシーンでのクリアな通話を実現しています。

その上で6700mAhの充実したバッテリー、便利に使えるSoundcoreアプリ対応など利便性の良さも高い満足度に繋がっています。

音楽や動画での利用ではなく、ビジネスシーン向けの通話用スピーカーを探している人にとって、PowerConf S3は頼もしいパートナーとなってくれるでしょう!

Soundcore Flare Mini

パーティー向けのスピーカーとして好評なのがankerのSoundcore Flare Miniです。

Soundcore Flare Miniは丸形円状のキュートなデザインが特徴的で、全方位に迫力あるサウンドを届けてくれます。

また底面の円状LEDライトが音楽に合わせて変化し盛り上げてくれるため、パーティーシーンで大活躍してくれること間違いなし!

軽量モデルでもありIPX7規格の防水性能、そしてバランスの良いサウンド性能と美しいLEDライト、それでいてコスパの良い価格は多くの人を満足させてくれるでしょう。

Soundcore Boost

コスパ良く低音を楽しみたい人にオススメなのが、ankerのSoundcore Boostです。

Soundcore Boostはワンタッチで低音を強化できるBassUpボタンを搭載していて、低音の強さを調整することが可能です。

またチタニウムドライバーは40kHzまでの周波数帯に対応し、音楽を細部まで忠実に再現してくれます!

またIPX7の防水性能、そしてBluetooth接続、NFCによる接続が可能であり、ワイヤレスステレオペアリングによって2台同時にペアリングも可能。

シックなスピーカー本体、そして上部にボタンが搭載されたシンプルなデザインだからこそ、多くの人に好まれる低音重視の魅力的なスピーカーです。

Soundcore Wakey

Soundcore Wakeyはコンパクトかつ多機能な便利スピーカーとして好評です。

スピーカーやアラーム、そして充電器の機能を備えているSoundcore Wakeyは、ベッドサイドに置けば複数の役割をこなしてくれます。

本体上部にQi対応の急速充電器が搭載されているので、対応端末は置くだけで充電が可能!

また良質なサウンドを生み出すフルレンジドライバーは、音質にこだわりたい人にもオススメです。

そして睡眠をサポートするヒーリングサウンドを10種類搭載していたり、何かと便利で音質に優れたスピーカー、それがSoundcore Wakeyなのです。

Soundcore Infini

ankerの本格的なスピーカーとしてオススメしたいのがSoundcore Infiniです。

2基のフルレンジドライバー、サブウーファーが搭載されているため、臨場感溢れる素晴らしいサウンドを奏でてくれます。

またテレビ台に設置したり、壁に取り付けることもできたりと、設置面でも地味に優秀なスピーカー!

ムービー・音楽・ニュースの3種類のモードを選択することができたり、コンテンツに合わせてモードを切り替えやすい点も魅力的。

価格もかなりリーズナブルなためコスパに優れた上質なスピーカーを探している人は、ankerのSoundcore Infiniの音質を堪能してみることをオススメします。

Soundcore Motion Boom Plus

最後にアウトドアシーンで活躍してくれるSoundcore Motion Boom Plusについて触れていきます。

Soundcore Motion Boom Plusは懐中電灯の様なデザインが特徴的なスピーカーで、最大20時間の長時間再生が可能です。

そして最大80Wの大迫力サウンドを楽しむことができつつ、防水防塵対応で屋外でも気兼ねなく使うことができる安心仕様!

またモバイルバッテリー機能を備えていたりと、アウトドアシーンで非常に役立つスピーカーとして多くの人から愛されています。

ハンドル・ショルダーストラップが付いている点からもアウトドア用途でのスピーカーであることが伺えるSoundcore Motion Boom Plusは、屋外での様々な用途で活躍してくれる優秀なスピーカーなのです。

ビジネス用で人気のAnkerWorkシリーズ

ここからはビジネス用途として人気の高いAnkerWorkシリーズについてピックアップしていきたいと思います!

テレワークでの利用はもちろん、様々なビジネスシーンで活躍するAnkerWork。

お仕事用途でのガジェット、利便性や効率をアップさせるためのアイテムを探している人は、ぜひ好評なAnkerWorkシリーズをチェックしてみてください。

M650 Wireless Microphone

AnkerWorkシリーズの中でも好評なM650 Wireless Microphoneは、動画配信などで活躍してくれるワイヤレスマイクです。

デュアルチャンネル対応のワイヤレスマイクは、2つの音源を同時録音できたり、ノイズリダクション機能搭載でクリアに音声を収録することができます。

レシーバーのタッチスクリーンで簡単に設定が可能な点も評価されていて、こういったアイテムをはじめて使う人でも体感的に活用することができるでしょう。

またケーブル類をはじめ一通りの小物もパッケージになっているため、本格的な収録をしたいと考えている人は、M650 Wireless Microphoneを活用してみるのも良いのではないでしょうか。

H300 Mono Headset

次に紹介したいのがH300 Mono Headsetです。

H300 Mono Headsetは付け心地の良い片耳タイプのワイヤレスヘッドセットとして好評で、非常にクリアな音声での通話が可能です。

cVcノイズキャンセリング機能を搭載した2つのマイクは、相手へ声を鮮明に届けることができ、ビジネスシーンでも円滑のコミュニケーションを実現してくれます。

またBluetoothか付属のUSBアダプタを使ってのワイヤレス接続、もしくはUSB-C&USB-Aケーブルを使っての有線接続による利用も可能で、有線接続時には充電しながら使うことも可能!

ビジネスシーン向けのヘッドセットはいくつかありますが、付け心地の良い片耳タイプのワイヤレスヘッドセット、それでいてマイク・音質に優れたモデルを探している人はH300 Mono Headsetを強くオススメしますよ。

SR500 Speakerphone

会議用のマイクスピーカーとして好評なSR500 Speakerphoneについても触れていきましょう。

ankerのSR500 Speakerphoneは、1台で最大12人程度の中規模会議まで対応してくれる会議用スピーカーです。

またSR500 Speakerphone同士を最大5台まで接続することも可能で、その場合には最大50人程度の会議室でも対応可能とビジネスシーンで活躍してくれます。

高感度のマイクを8つ内蔵し、約5m以内の音声を全後方からクリアに集音することができるため、本格的なオンライン会議をしたい企業からも好評!

また会議室の環境をAIが自動で判別して、雑音やキーボード入力音などのノイズ除去もできる、そんな優れたマイクスピーカーとして様々なシーンで活躍できるのがankerのSR500 Speakerphoneなのです。

PowerConf H700

ankerのPowerConf H700は、非常に高品質ワイヤレスヘッドホンとして知られています。

付属のBluetooth USBアダプタでの無線接続にも対応しているため、パソコンのUSBポートに差し込むだけで簡単にワイヤレス接続できる点も好評な理由!

またAIがオフィス環境はもちろん、カフェなど公共の場の雑音、またリモートワーク中のキーボード入力や生活音などと「あなたの音声」を識別して、雑音を除去しながら人の声を大きく伝送する技術を搭載しています。

長時間通話に適したフィット感、そしてPC版AnkerWorkソフトウェアを活用すれば音声録音機能なども使えるため、手軽で高品質なワイヤレスイヤホンをビジネスシーンで活用したい人にピッタリなモデルだと言えるでしょう。

PowerConf C300

PowerConf C300は高品質な「AI搭載型ウェブカメラ」として多くのビジネスシーンで活躍しています。

専用のAnkerWorkソフトウェアをパソコンにダウンロードすることで、被写体に合わせて最適化してくれるAI機能での「モーショントラッキング (自動追尾機能) 」や「オートフレーム (自動画角調整) 」が可能となります。

またAI機能で約0.35秒で被写体に自動でピントを合わせ、人物以外の「モノ」にも適用されるためWEBカメラを通した「製品紹介」などのシーンでも活躍してくれます。

そしてフルHDの高画質、HDRにも対応、そして最大115度の広角レンズとウェブカメラとしての基本スペックも十分ですので、ビジネスシーンで使う「AI搭載型」ウェブカメラを探している人に最適なモデルです。

※プライバシーシールド付きなので、カメラを使わないときはレンズの上からスライドさせることで、うっかりでの映り込みなどを防ぐことができる点も使いやすいポイントだと言えるでしょう。

PowerConf C200

ankerのPowerConf C200、このモデルはリーズナブルで使いやすいコンパクトウェブカメラとして評価されています。

約5cm四方のサイズ感、そして軽量設計なのでノートパソコンにも安定して設置ができ、2Kの高画質で相手に映像を送ることが可能です。

また本体に2台のマイクを搭載するデュアルマイク構造を採用していて、さらに「ノイズリダクション機能」や「オートゲインコントロール機能」で、ストレスのないウェブ会議やオンライン授業を行うことができます。

もちろんオートフォーカスなど基本的な機能は搭載されているため、手頃で品質に優れたウェブカメラを求めている人にこそ、ankerのPowerConf C200をオススメします。

PowerConf C302

ankerのウェブカメラとして一味違った性能を感じることができるのがPowerConf C302です。

2Kの高解像度、優れた音声処理機能、そしてオートフレーム機能によってあらゆるシーンで活躍してくれる優れた性能!

そしてAnkerWorkソフトウェアをパソコンにダウンロードすることで、AI機能によっての「モーショントラッキング (自動追尾機能) 」や「オートフレーム (自動画角調整) 」は、安価なウェブカメラとは一味違った快適な配信を可能としてくれます。

ウェブ会議やオンライン授業、そして各種配信などを本気で行いたい、ストレスのない高品質な配信を行いたい人にとって、PowerConf C302は最高の結果をもたらしてくれるでしょう。

PowerConf S500

ankerの高性能なBluetoothスピーカーフォンであるPowerConf S500についても触れていきましょう。

PowerConf S500は10Wの高出力スピーカーを搭載しているため、広い会議室でも全ての人がクリアな音声を聞き取ることができます。

また同シリーズの中でも最も感度の高いマイクを4つ搭載し、ノイズリダクション機能やハウリング抑制機能により、相手にストレスを与えない音声通話を実現しています。

その上でコンパクトなサイズで持ち運びも可能、付属ケーブルで有線に対応、2台のペアリングで最大20名程度の広い会議室での利用が可能など、臨機応変な使い方ができる点も嬉しいところ!

非常に使い勝手がよく基本的な性能が高い水準でまとまっている、だからこそビジネスシーンでも信頼され採用されるモデル、それがPowerConf S500なのです。

PowerCast M300

コスパの良いコンデンサーマイクであるPowerCast M300も紹介していきます。

ankerのPowerCast M300はシンプルで使いやすく、優れた性能を持つコンデンサーマイクです。

ダイヤル式で集音するボリュームを調整でき、本体ボタンでミュートのオンオフが可能なので、とっさのせきやくしゃみ、水分補給時などでミュートのオンオフを切り替えたい際にも便利!

またヘッドフォンなどを直接マイクにつなぐことで、どのように音声が届いているかをリアルタイムで確認することもできます。

USB-C接続が可能なのでパソコンやゲーム機など幅広い機器で使用することができ、優れた集音性能や豊富なLEDカラーでマイクにアクセントを付けたりとの遊び心も好評です。

ビジネスシーンやエンタメ配信、動画用の音声収録など様々な用途で活躍してくれるコンデンサーマイク、それがankerのPowerCast M300なのです。

B600 Video Bar

最後にあらゆるシーンで役立つと好評なB600 Video Barについても解説していきます。

B600 Video Barは「4-in-1ビデオバー」とも言われ、リモートワークに必須の機能をまとめた機器です。

「ウェブカメラ・マイク・スピーカー・ライト」の機能を1つにまとめ、それでいていずれも高いスペックを誇る点が好評の理由です。

4つの高感度マイク、高精細なデュアルスピーカー、2Kの高画質で自動的にライトで明るさを調整するテクノロジーやオートフレーム、オートフォーカスによって全てがノンストレスで高水準な働きをしてくれます。

ビジネスシーンや個人的な配信、他にも様々なシーンで高いスペックを求められる場面でも活躍してくれる便利で高性能な機器、それがB600 Video Barなのです。

ankerはコスパと品質に優れたアイテムが多いので安心

今回はankerの各種製品の中から好評なモデル・アイテムを、各ジャンルごとにピックアップして紹介してきました!

・シンプルで使いやすい手頃なアイテム
・コスパと品質が両立しているミドルクラス
・高品質で満足度が非常に高いハイクラス

リーズナブルな製品が多いと思われがちなankerですが、実はミドルクラスからハイクラスなど性能面でも充実したアイテムが多いのも魅力的なポイントです!

その上でいずれもコスパに優れ、価格以上の性能や高級感溢れるデザイン、そして何よりも使い勝手の良さなどが評価されるankerの各種アイテム。

今回ピックアップしてきた各種アイテムの中で気になるものがあれば、ぜひ試してみることをオススメしますよ!

実際にanker製品を使ってみることで、口コミ・レビューでも高く評価されている理由、愛用者が多い理由がわかると思います。

気がついたら身の回りの各種アイテムのほとんどがanker製品になっていた、なんて人もいるぐらい魅力の詰まったanker製品!

あなたのデジタルライフをより快適なものにするために、ぜひ評価の高いanker製品を取り入れてみてはどうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました